【超〜簡単!決算書の見方】

2012年05月23日

【理事会特集5】ズバリ:学校経営の究極のポイント

経営こんにちは! 決算承認の理事会・評議員会開催の前後の頃でしょうか。4回シリーズで決算書の見方と使い方のお話をしました。今日は、学校経営の話を少しします。

【第1回】資金収支計算書

【第2回】消費収支計算書 

【第3回】貸借対照表

【第4回】基本金 

【追 加】学校経営のポイント←今日

 

今日は、理事会特集の5回目です。

いろいろな学校を回っていると、理事長先生よりいろいろな経営の教えていただきますが、私が一番感心したのは、次のポイントです。

この学校の経営の目標は3つでした。

 

<経営の究極のポイント>

1.生徒数を増やす

2.教職員のやる気に火を付ける

3.消費収支差額をプラスにする

 

<解説>

1.生徒数を増やす

学校法人では、定員がありますので、所轄庁の指導に従いながらも定員を確保して、生徒数の確保を目指します。

生徒数が減少して発展している学校をまだ見たことがありません。

 

2.教職員のやる気に火を付ける

教育サービス業ですので、教職員のやる気に火を付けることが経営のポイントになります。「教職員のやる気アップ→教学・募集の充実→生徒数の確保」と言う善循環の出発点です。

 

3.収支差額のプラス

学校経営は「設備投資型の教育サービス業」だと説明しました。

ここで説明の関係であえて、これを「設備投資部門」と「サービス部門」の2つに分けます。

学校経営には、2つの収支差額があります。

  帰属収支差額=帰属収入(総収入)−消費支出(人件費・経費)

→これは、教育サービス部門の収支です。

 これは、学校存続の必須の条件です。

 事業団さんが昨今、この重要性を提唱しています。

  消費収支差額=消費収入−消費支出

→このプラスが学校経営の本来の姿です(基準15条)。

 ここでは、「設備投資部門」と「教育サービス部門」の両方が黒字になりました。

 

※2つの収支差額の意味

 

教育サービス部門

設備投資部門

ゝ属収支差額がプラス

??

⊂暖饉支差額がプラス

 

4.その他

上記の1〜3ができると、教育研究施設の充実(設備投資)が可能となります。

 

以上、要点ですが皆様のお役に立てば幸いです。



kaikei123 at 07:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月22日

【理事会特集4】ズバリ:基本金は基本金対象資産とワンセット!

簡単400こんにちは! 決算承認の理事会・評議員会開催の頃でしょうか。理事会、評議員会で困らないための決算書の読み方・説明の仕方をお伝えいたします。

なお、あくまでも決算書の本質をかみ砕いた説明なので、ちょっと違和感があったらごめんなさい。皆様にお役にたてば幸いです。

【第1回】資金収支計算書

【第2回】消費収支計算書 

【第3回】貸借対照表

【第4回】基本金 ←今日はココ!

 

4回目の最終日は、皆さんが気になる「基本金」です。特に、民間から学校法人に移られた方には不評のようです。でも「基本金」難しくありません。

 

1.基本金の意義

学校経営は校地・校舎を準備して教育サービスを提供するのでビジネス的に見ると「設備投資型のサービス業」です。株式会社で教育サービス業を行うなら、校地・校舎を銀行から借金をして購入しても誰も文句は言いません。でも、学校法人では、公金である補助金を受ける関係もあり借金の返済に追われるような学校経営では歓迎されません。

 

そこで、校地・校舎などの固定資産を学校会計では基本金対象資産と名付けて、その財源を自己資金で確保する制度(基本金)を考えました(私学法第25法)。基本金対象資産あっての基本金なのです。

<ポイント1>

「基本金対象資産なくして基本金なし」です。

 

バランス・シート

基本金対象資産  200

 (土地 100)

 (建物 100)

基本金  200

 

 

2.例年の基本金の組入

消費収支計算書でお話しましたが、ちょっと復習です。例えば、学校では授業料60・補助金40などの学校が100%自由に使えるお金は「帰属収入」と名づけ金額では100になりました。

 

学校経営では学校運営に必要な固定資産(基本金対象資産)をなるべく自己資金で購入することを要求しています。そこで、帰属収入の100から、まず設備投資代10を差し引きます。平均で帰属収入の10%ぐらいが例年の基本金の組入額になります。まず、こうすると、固定資産さえ自己資金で買っていれば、「設備投資型のサービス業」は滅多なことでは倒産しなくなります。この考え方は民間企業にはない画期的な考え方です。逆に言うと民間企業の方は、従来の固定概念があるのでこの考えに戸惑うわけです。残りのお金90は、「学校が教育研究事業に自由に使ってイイよ」と言うことで「消費収入」と言い、実際の人件費・経費の支出を「消費支出」と言いました。

 

消費収支計算書 

基本金組入額 10

帰属収入   100

消費支出80 

(人件費50)

(経費 30)

消費収入90

授業料など(60)

補助金  (40)

消費収支差額(単年度)

 

さて、新設備を自己資金で購入したことの確認は理事会で決定します。お金には色がないので、借金をしないで設備代10を支払ったとしても、もしかしたら入学金などの前受金(負債)で支払ったかもしれないので、理事会がはっきりと基本金の組入額10を決定し宣言するのです。ですから、基本金の組入取引は、実際の取引(基本金対象資産の取得)の陰にある理事会で決めた頭の中で決定した観念的な取引です。ここも忘れないで下さい。

 

<ポイント2>

基本金対象資産(建物など)の購入は、実際の取引。

基本金の組入は理事会が決める観念的な取引。

 

 

 

もっと詳しく知りたい方には、事務局で本を出しました。

ご参考になれば幸いです。

 本の表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【概要】完売。限定販売。次回のご期待下さい。

編著者名  梶間栄一/著

出版社   ぎょうせい (2012/3/30)

判型    A5

体裁    単行本(ソフトカバー)

定価(価格) 3,500円(税込み)

本体    3,333

ISBN  978-4-324-09397-9

図書コード 5107805-00-000

発行年月日 20120320

 

<購入方法>

●アマゾンから購入 http://www.amazon.co.jp/

●出版社から購入  http://shop.gyosei.jp/index.php

●「Google」、「yahoo」の検索エンジンに「学校法人会計の仕組み」と入力する

●大手書店に問い合わせください。



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月21日

【理事会特集3】ズバリ:貸借対照表はバランス・シートで考える!

簡単400こんにちは! 決算承認の理事会・評議員会が近づいて来ました。理事会、評議員会で困らないための決算書の読み方・説明の仕方をお伝えいたします。

 

なお、あくまでも決算書の本質をかみ砕いた説明なので、ちょっと違和感があったらごめんなさい。皆様にお役にたてば幸いです。

【第1回】資金収支計算書

【第2回】消費収支計算書 

【第3回】貸借対照表 ←今日はココ!

【第4回】基本金

 

今日は、貸借対照表(タイシャク・タイショウヒョウ)です。学校法人会計基準は、貸借対照表の目的はありませんが、企業会計では財政状態をみます。もっと分かりやすく言うと、貸借対照表は学校が「お金持ち」か「そうでないか」みる計算表です。

 

貸借対照表の見方のコツを3点にまとめてみます。

<ポイント1>バランス・シートで考える。

バランスシート 貸借対照表は日本ですが、日常使う言葉ではないので、ちょっと馴染みづらいです。ところで、貸借対照表を、英語で「バランス・シート」(balance sheet)と言います。直訳で「右と左の表」です。こっちの方が理解しやすいです。

 バランス・シートの左には、学校が購入した校地(土地)・校舎(建物)や手持ちの現金など資産と呼ばれるものがきます。

 そして、この校地・校舎などのどうやって買ったのか、お金の出所を右側で説明しています。

 

      バランス・シートで考える

          ↓↓↓

 貸借対照表 

資産

固定資産

 土地 100

 建物 100

 

負債     40

 

基本金   100

流動資産

 現金  50 

消費収支差額(累計)10

 

 

 バランス・シートが苦手な理事さんがいたら面積グラフにしてあげるともっとわかりやすくなります。

 

<ポイント2>累積の残高

 資金収支計算書や消費収支計算書は単年度の計算書ですが、貸借対照表は法人化以来の累積の残高です。

 ですから、例えば開校30年なら貸借対照表には開校30年以来の学校が取得した財産で現在残っているものが全部含まれます。消費収支計算書の消費収支差額は単年度のものですが、貸借対照表の消費収支差額は法人化以来の累積残高です。

 

<ポイント3>目的は「お金持ち」がみる。

 校舎・校地など学校が持っている資産の財源がバランス・シートでわかります。例えば、財源がほぼ「基本金」と「消費収支差額」であれば、その学校はお金持ち。そうでななければ、「これから」と言うことになります。

      バランスシート ←「お金持ち」

土地  100

建物  100

基本金 200

 

 

       バランスシート ←「これから」

土地  100

建物  100

借金  200

 

 

 

 

もっと詳しく知りたい方には、事務局で本を出しました。

ご参考になれば幸いです。

本の表紙 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【概要】完売。ごめんなさい。

編著者名  梶間栄一/著

出版社   ぎょうせい (2012/3/30)

判型    A5

体裁    単行本(ソフトカバー)

定価(価格) 3,500円(税込み)

本体    3,333

ISBN  978-4-324-09397-9

図書コード 5107805-00-000

発行年月日 20120320

 

<購入方法>

●アマゾンから購入 http://www.amazon.co.jp/

●出版社から購入  http://shop.gyosei.jp/index.php

●「Google」、「yahoo」の検索エンジンに「学校法人会計の仕組み」と入力する

●大手書店に問い合わせください。



kaikei123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月18日

【理事会特集2】ズバリ:消費収支計算書は「やりくりママ」で理解する!

簡単400こんにちは! 決算承認の理事会・評議員会が近づいて来ました。理事会、評議員会で困らないための決算書の読み方・説明の仕方をお伝えいたします。

 

なお、あくまでも決算書の本質をかみ砕いた説明なので、ちょっと違和感があったらごめんなさい。皆様にお役にたてば幸いです。

【第1回】資金収支計算書の見方・使い方

【第2回】消費収支計算書の見方・使い方←今日はココ!

【第3回】貸借対照表の見方・使い方

【第4回】基本金の見方・使い方

 

今日は、消費収支計算書です。学校法人会計基準では、収支均衡主義をうたっています。しかし、消費収支計算書をビジネス的に見ると、消費収支計算書は、「学校経営の採算」を見る計算書です。もっと言うと、「学校が儲かっているか」みる計算書です。消費収支計算書は、家庭の「やりくりママ」で理解します。

 

学校法人はビジネス的に見ると、校舎・校地を用意して教育サービス事業を展開する、設備投資型のサービス業と言えます。さて、学校法人の会計基準が生まれる時に、学校法人には特別に経常費の補助金を支給するものですから学校法人が簡単につぶれては困ります。そこで、学校法人に「設備投資」と「サービス事業」を自己資金でまかなって、なるべく借金をしないような健全経営を学校に要求しました(参考:私学法25条)。この考え方を背景に生まれた学校の会計基準では、設備投資部門とサービス事業部門の採算を合わせて取ることを期待して消費収支計算書が作られました。

 

消費収支計算書の具体的な仕組みです。

学校に入ってくるお金のうち、授業料収入、補助金収入や借入金収入がありますが、授業料、補助金収入のような将来、学校が返済しなくてもよい収入を学校に100%帰属する収入と考えて「帰属収入」と名付けました。ここから、学校法人の設置や施設の拡充に必要な「基本金組入額」を差し引きます。これで、まず設備投資部門の財源確保をしました。次は、サービス事業部門に移ります。帰属収入から基本金組入額を引いた金額を、学校法人が教育サービス事業に使って良い収入と言う意味で「消費収入」を言います。そして、実際のサービス事業で使う人件費や経費を「消費支出」と言います。サービス事業部門の収支は、消費収支差額と言います。営利を目的としないので、利益・損失といいません。

こうして、消費収支計算書では、「設備投資部門」と「サービス事業部門」の採算を確保して、永続的な学校経営が可能となります。

 

予備知識としては、事業団さん(日本私立学校振興・共済事業団)は近年、帰属収入から消費支出を差し引いた帰属収支差額を重視するようになりました。帰属収支差額は、民間企業の利益にあたります。

 

◆消費収支計算書は、「やりくりママ」でイメージします。

やりくり消費収支計算書は家庭で言うと、奮闘する「やりくりママ」のイメージで理解すると簡単です。

 

家庭では、やりくりママは、パパからお給料をもらったら(帰属収入)、まずマイホームを自己財源で確保して(基本金組入額)、残りのお金(消費収入)で家計費(消費支出)をまかなっていきます。住宅も家計費もパパの給料の範囲内でやりくりします。

 

 単年度の「経営の採算」をみる

           ズバリ、「儲かっているか」みる

            ↓↓↓ 

消費収支計算書 

基本金組入額 10

帰属収入   100

消費支出80 

(人件費50)

(経費 30)←減価償却額が大

消費収入90

授業料など(60)

補助金  (30)

その他  (10)

消費収支差額(単年度)10

   

こうして、消費収支計算書では「設備投資部門」「教育サービス事業部門」の採算をあわせて取ると消費収支差額がプラスとなります。

 

もっと詳しく知りたい方には、事務局で本を出しました。

ご参考になれば幸いです。

本の表紙 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【概要】完売。ありがとうございました。

編著者名  梶間栄一/著

出版社   ぎょうせい(2012/3/30)

判型    A5

体裁    単行本(ソフトカバー)

定価(価格) 3,500円(税込み)

本体    3,333

ISBN  978-4-324-09397-9

図書コード 5107805-00-000

発行年月日 20120320

 

<購入方法>

●アマゾンから購入 http://www.amazon.co.jp/

●出版社から購入  http://shop.gyosei.jp/index.php

●「Google」、「yahoo」の検索エンジンに「学校法人会計の仕組み」と入力する

●大手書店に問い合わせください。



kaikei123 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月17日

【理事会特集1】ズバリ:資金収支計算書は「なんちゃって資金繰り表」!

簡単400こんにちは! 決算承認の理事会・評議員会が近づいて来ました。理事会、評議員会で困らないための決算書の読み方・説明の仕方をお伝えいたします。

 

なお、なくまでも決算書の本質をかみ砕いた説明なので、ちょっと違和感があったらごめんなさい。皆様にお役にたてば幸いです。

第1回】資金収支計算書の見方・使い方 ←本日

【第2回】消費収支計算書の見方・使い方

【第3回】貸借対照表の見方・使い方

【第4回】基本金

 

今日は、資金収支計算書です。資金収支計算書の読み方のポイントは、「資金収支計算書の実際は、名前と異なり、“なんちゃって資金繰表”」です。つまり、資金収支の計算書と言っても当年度にお金の出入りのない取引が入っています。資金収支計算書には、名前に偽りがあり実際は、修正資金収支計算書なのです。

 

例えば、

・授業料収入←3月の未入金者分も入っています。

・入学金収入←1年生分は、実は22年度にもらっています。

でも資金収支計算書の年度当初の残高を年度末の残高が実際の現金預金にあわせることになっています。そこで資金調整勘定が登場します。

 授業料収入  36万円(内、3月分の未入金額3万円含む)

 収入調整勘定 △3万円

 実際の入金  33万円

 

支出も同じです。

 建物支出  100万円(3月完成。未払の残金60含む)

 支出調整勘定△60万円

 実際の支出  40万円

 

 

で、資金収支計算書は実務では何の場面で役立つかと言えば、学校の資金規模を押さえて予算管理に使います。資金収支計算書の実務は予算管理での利用です。資金収支計算書では、学校の総入金と総支出の大枠をつかみ、年初と年度末の現預金の残高がわかります。

 

         実務:予算管理に役立つ

             ↓↓↓

           資金収支計算書 

支出取引←ほぼ実際の出金

   一部、未払取引3あり

収入取引←ほぼ実際の入金

 一部、未入金取引60あり

資金支出調整勘定

   ←未払取引3を取消

資金収入調整勘定

  ←未入金取引60を取消

実際の年度末の現預金

実際の年初の現預金残高

             ↑↑↑

         実は、修正資金収支計算書

        (なんちゃって資金繰り表)

 

もっと詳しく知りたい方には、事務局で本を出しました。

ご参考になれば幸いです。

本の表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【概要】本音を書きすぎて短期間で完売。増刷しません。

編著者名  梶間栄一/著

出版社   ぎょうせい (2012/3/30)

判型    A5

体裁    単行本(ソフトカバー)

定価(価格) 3,500円(税込み)

本体    3,333

ISBN  978-4-324-09397-9

図書コード 5107805-00-000

発行年月日 20120320

 

<購入方法>

●アマゾンから購入 http://www.amazon.co.jp/

●出版社から購入  http://shop.gyosei.jp/index.php

●「Google」、「yahoo」の検索エンジンに「学校法人会計の仕組み」と入力する

●大手書店に問い合わせください。



kaikei123 at 07:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)