【★H27年施行 学校法人会計基準改正】

2013年01月10日

【改正】学校法人会計基準改正の影響度を大胆予想(1) !

案内2 こんにちは! 今日は、ご質問でなく、平成25年度学校法人会計基準に改正に関して、事前に公表されている「学校法人に会計基準に関する在り方について」の報告書素案(H25.12.25版。学校法人会計基準の在り方に関する検討会)の影響を大胆に予想してみます。なお、影響度の予想は、あくまでも事務局の主観的なものなので、誤解のないようよろしくお願いいたします。

 原文:

学校法人会計基準の在り方について 報告書(素案) (PDF:723KB

 

【影響:事務局予想】

報告書の提案項目と私学への影響度

                  基準改正の影響度    

 報告書素案の提案項目       優良法人     非優良法人 

供檻 基本金            小さい      大きい

供檻 資金収支計算書         小さい      小さい 

供檻 消費収支計算書        大きい      大きい

供檻 貸借対照表         小さい      大きい

供檻 その他の論点

(1)減損会計            小さい      小さい 

(2)金融商品会計          小さい      小さい 

(3)退職給付会計について      小さい      小さい 

(4)連結会計について        小さい      小さい 

(5)法人の継続性の担保の仕組み   小さい      大きい 

今後の進め方            中         中

 

【説明:報告書素案の提案内容と予想の影響度】

I 見直しの背景及び方向性

(1)見直しの背景

 従来の学校法人会計基準の目的は、「補助金の配分の基礎」となる計算書類を作成することでした。

 その後、環境が変わり「説明責任(外部報告)」「経営判断に資する」ことが求められるようになりました。

(2)方向性

 ・私学の財政基盤の安定を図り、補助金の適正な公正配分が分かる会計基準

 ・より分かりやすい計算書類

【影響:事務局コメント】

・経営の良し悪しが見える計算書類(事業活動計算書)になります。

 

供_正内容

供檻院ヾ靄楸

 ○基本金制度を維持する。

 ○第2号基本金について、対応する特定資産を明確化する。

 ○第3号基本金について、対応する運用収入を明確化する。

 ○第4号基本金について、対応する特定資産を計上する。

【影響:事務局コメント】

 第4号基本金が特に注目されています。

 第4号基本金に対応する引当資産(現預金・有価証券など)の計上が提案されており、足りない場合は注記になります。資金繰りに困窮する学校法人には影響があります。

 優良法人には、ほとんど影響なしです。

 

供檻 資金収支計算書

 ○現行の資金収支計算書を今後も維持するとともに、新たに付表として「活動区分別資金収支表」を作成することとする。

【影響:事務局コメント】

 新たな付表として、大学法人向けに「活動区分別資金収支表」が追加する提案がされています。外部報告が目的で、部門別の内訳表もありません。この付表はエクセルでも出来そうです。あまり、私学への影響はありません。

 

供檻 消費収支計算書

○毎期の収支バランスを判断できるよう、現行の基本金組入後の収支差額に加えて、基本金組入前の収支差額を表示する。

○収支バランスについて、経常的な収支バランスと臨時的な収支バランスを区分して把握できるようにする。

○「消費支出準備金」等は廃止する。

○「消費収支計算書」を「事業活動計算書」に名称変更する。

【影響:事務局コメント】

 今回の改正提案で一番影響が大きいと思われる部分です。

1.法人全体の経営責任が明確になる

 提案では、現在、基本金の組入額を帰属収入から差引き、消費収入を表示することから消費収入計算書は理解しづらいとの意見がありました。今後は、計算書の名称は、事業活動計算書と代わり、内容は、基本金組入額は計算書の下部(いわるゆ帰属収支差額)から差し引きます。

 →この結果、学校の教育研究事業の経営状況がはっきりします。法人全体の経営の良し悪しが数字で判断がしやすくなります。つまり、採算の経営責任が問われる時代となりそうです。

2.設置校別の経営責任が問われる

 内訳表は、設置校別の収支差額を算出します。

 →設置学校別の経営の良し悪しがわかるようになります。

  つまり、採算の経営責任が問われる時代になります。

 

供檻 貸借対照表

○固定資産の中科目として新たに「特定資産」を設ける。

○「基本金の部」と「消費収支差額の部」を合わせて「純資産の部」とする。

○第2号基本金に対応する資産として、「第2号基本金引当特定資産」を表示する。

○第4号基本金に対応する資産として、「第4号基本金引当特定資産」を表示する。

○「消費支出準備金」は廃止する

【影響:事務局コメント】

 実質的な影響がでそうなのは、第4号基本金引当特定資産が創設されるかどうかです。

 資金繰りの厳しい学校法人では、影響が出て来ます。

 優良法人では、ほとんど影響がありません。

 

(明日に続く)



kaikei123 at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月26日

【基準改正】パブリックコメントの募集始まる!

案内 こんにちは! この度、学校法人会計基準に改正に関連して文科省は、パブリックコメントの募集を始めました。

 

 

 

 

 

【1.趣旨】

 学校法人をとりまく経営環境が大きく変化する中、公教育を担う学校法人の経営状況に関して、社会に対する説明責任が一層求められております。また、近年、世界的な会計の動向から、諸会計基準において様々な見直しが行われているところであります。

 このような状況に鑑み、私立学校の特性を踏まえ私立学校の振興に資するよう、一般に分かりやすく、かつ経営者の適切な経営判断に資する計算書類とすることを目的に、有識者による「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」を開催し検討を重ねました。

 このたび、7回の会議における議論を踏まえ、報告書(素案)を取りまとめましたので、皆様からの意見募集を実施します。御意見がございましたら、下記の要領にて御提出くださるようお願いします。

 

【2.実施期間】

 平成241225日(火曜日)〜平成25115日(火曜日)【必着】

 

→詳細はこちらです↓↓↓

・学校法人会計基準の在り方について 報告書(素案)に関する意見の募集実施について

 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/12/1329265.htm

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月21日

【速報】 在り方検討会(第7回)開催される。

聞く文科省で学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」(第7回)が昨日(12月20日)開催されました。傍聴の申込者は55名のようでした。

 

第7回の議事は、「学校法人会計基準の在り方について」で当日、報告書(素案)が配布されました。

検討会の配付資料は、近々、文科省のホームページに公開される予定です。

※関連のホームページは↓↓↓

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

 なお、当初のスケジュールになかった第8回目の「在り方検討会」が来年1月24日に開催されるとの説明がありました。

 

 下記は配付された第7回議事次第です。

 

在り方7



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月07日

【速報】 在り方検討会(第6回)開催される。

聞く文科省で学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」(第6回)が昨日(12月6日)開催されました。傍聴の申込者は46名のようでした。

 

第6回目のテーマは、「財務三表の体系について」(約70分)、「その他の論点」(約20分)でした。

 

なお、検討会の配付資料は、近々、文科省のホームページに公開される予定です。

※関連のホームページは↓↓↓

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

 次回の第6回は12月20日(火)の予定です。

 下記は配付された第6回議事次第です。

在り方6



kaikei123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月30日

【速報】 在り方検討会(第5回)開催される。

聞く文科省で学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」(第5回)が昨日(11月29日)開催されました。傍聴の申込者は41名のようでした。

 

第5回目のテーマは、当初の予定では「その他の論点について(予備日)」なのですが(第1回配付資料より)、実際のテーマは、「財務三表の体系について」(約75分)、「その他の論点」(約45分)でした。

 

なお、検討会の配付資料は、近々、文科省のホームページに公開される予定です。

※関連のホームページは↓↓↓

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

 次回の第6回は12月6日(木)の予定です。

 下記は配付された第5回議事次第です。

在り方5



kaikei123 at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月08日

【速報】在り方検討会(第4回)が開催される。

聞く文科省で学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」(第4回)が昨日(11月7日)開催されました。傍聴の申込者は50名のようでした。

 

第4回目のテーマは、当初の予定では「その他の論点について」なのですが(第1回配付資料より)、実際のテーマは、第3回のテーマに続いて「財務三表の体系について」の続きが中心でした。

 

なお、検討会の配付資料は、近々、文科省のホームページに公開される予定です。

 ※関連のホームページは↓↓↓

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

 次回の第5回は11月29日(月)の予定です。

 下記は配付された第4回議事次第です。

在り方4



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月19日

【速報】在り方検討会(第3回)が開催される。

聞く文科省で学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」(第3回)が昨日(10月18日)開催されました。

 

名簿にある有識者の他に文科の方が5名出席されていました。傍聴の方は40名程度でした。

第3回のテーマは「財務三表の体系について◆廚任后G柯媚駑舛蓮近々、文科省のホームページに公開される予定です。

※関連のホームページは↓↓↓

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

次回の第4回は11月7日(水)です。

下記は配付された第3回議事次第です。

 

在り方3 



kaikei123 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月25日

【速報】在り方検討会(第2回)が開催される。

聞く文科省で学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」(第2回)が昨日(924日)開催されました。

 

名簿にある有識者の他に文科の方が4名出席されていました。傍聴の方は40名程度です。

第2回のテーマは「財務三表の体系について 廚任后G柯媚駑舛蓮近々、文科省のホームページに公開される予定です。

 

関連のホームページは↓↓↓

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

次回の第3回は10月18日です。

 

在り方2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



kaikei123 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月12日

【改正動向】平成25年 学校法人会計基準改正

基準改正2こんにちは! 今日は、昨日の続いて、平成25年学校法人会計基準改正動向の動きです。文科省の公開資料から基準改正の動向を少しお知らせいたします。

 

 文科省では、「学校法人会計基準の諸課題に関する検討会」(平成20年4月〜23年3月)を設けて学校会計の今後の諸課題の検討をしてきました。

 そして、現在、文科省では学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める段階に入りました。この有識者の集まりは、「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」と言います。今年8月〜12月までに7回、会合を設け、来年の3月末を目処に改正基準を公表する予定です。

 

 現在、第1回の在り方検討会が828日に行われました。第2回は924日の予定です。

 

 改正項目については、平成23年度の「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」がまとめた冊子「学校法人会計基準の諸課題に関する検討について(課題の整理)」(平成24330日)1回の在り方検討会で配布されたことから、このあたりが基準改正の論点になりそうです。もしかしたら現状の基準のままか、それとも改正かの議論です。

 

 ここでの論点は、この冊子の目次から

はじめに

1.学校法人会計基準の現状と課題等について

2.基本金の在り方について

(1) 第1号基本金

(2) 第2号基本金

(3) 第3号基本金

(4) 第4号基本金

3.各計算書類の課題等について

(1) 貸借対照表

(2) 消費収支計算書

(3) 資金収支計算書について

4.その他の課題等について

(1) 固定資産の減損に関する会計

(2) 金融商品(有価証券関係)に関する会計

(3) 退職給付会計

(4) 連結財務書類に関する会計

(5) 継続法人の前提

5.会計方針の統一について

6.まとめ 

 

 とあります。

 冊子の詳細↓↓↓

資料3 学校法人会計基準の諸課題に関する検討について(課題の整理) (PDF:619KB

 

 この冊子の目次をみる限り、公認会計士さんが作った大企業会計向けの目次のような感じです。逆に申しあげると、私学関係者の意見に元気がないような感じがします。

 会計基準の実務は会計士さんの知識は他業種にわたり豊富です。他方、私学関係者の皆様は、私学の助成実務、私立学校法の実務、設置基準などにお詳しいと思います。是非、有識者の知恵を結集して、私立学校の振興に役立つ基準になることを祈念しています。

 

 なお、次回の在り方検討会は文科省に電話して尋ねたところ924日午後2時からです。

 

 事務局では、今後の動向を文科省の公開情報から皆様にお知らせして参りたいと思っております。

 

今日の情報源↓↓↓

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月11日

【改正動向】平成25年学校法人会計基準改正の動き

基準改正2こんにちは! 今日は、平成25年学校法人会計基準改正の動きです。文科省の公開資料から基準改正の動向を少しお知らせいたします。

 

 文科省では、「学校法人会計基準の諸課題に関する検討会」(平成20年4月〜23年3月)を設けて学校会計の今後の諸課題の検討してきました。

 

 そして、現在、文科省では学校法人会計基準の改正の要否について、有識者を集めて具体的に検討を進める段階に入りました。この有識者の集まりは、「学校法人会計基準の在り方に関する検討会」と言います。今年8月〜12月までに7回、会合を設け、来年の3月末を目処に改正基準を公表する予定です。

 

 現在、第1回の在り方検討会が828日に行われました。第2回は924日の予定です。

 

 以下は、文科省のホームーページからです。

 

<学校法人会計基準の在り方に関する検討会について>

平成2487

高等教育局長決定

1.目的

 学校法人をとりまく経営環境が大きく変化する中、公教育を担う学校法人の経営状況に関して、社会に対する説明責任が一層求められている。また、近年、世界的な会計の動向から、諸会計基準において様々な見直しが行われているところである。

 

 このような状況に鑑み、私立学校の特性を踏まえ私立学校の振興に資するよう、一般に分かりやすく、かつ経営者の適切な経営判断に資する計算書類とすることを目的に、学校法人会計基準の在り方について有識者による検討を行う。

 

2.実施時期

 この検討会の時期は平成248月から平成2412月までとする。

 

3.庶務

   この検討会に関する庶務は、高等教育局私学部参事官において行う。

 

 

<学校法人会計基準の在り方に関する検討会スケジュール(案)>

回数  日時             内   容

1  H24.8.28  ・前回検討会の論点整理で課題とされた

          事項についての説明

 ・各委員の自由な意見交換

2  H24.9     ・財務三表の体系について

3  H24.10  ・財務三表の体系について

4  H24.10◆ ・その他の論点について

5  H24.11  ・その他の論点について(予備日)

6  H24.11◆ ・報告書案について

7  H24.12    ・報告書案について

 

○その後のスケジュール(イメージ)

 平成251月〜3月省令改正手続き(H25.3末省令改正)

 その後、少なくとも1年程度の準備期間を経て施行

 

 

もっと詳しいことは、文科省のホームページにあります。

学校法人会計基準の在り方に関する検討会平成24年度):文部科学省

 

 

今日は、ここまでです。

 



kaikei123 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)