【借入金明細表】長期借入金の期限前返済知的障害の場合の特別支援学校(高等部)の入学資格

2022年12月14日

【専門学校】職業実践専門課程と学校関係者評価

評価 こんにちは!今日は、専門学校の関係の方からのご質問です。

 

<Q>【専門学校】職業実践専門課程と学校関係者評価

 専門学校より学校関係者評価の委員をお願いされました。どういうことですか?

 

<A>

 専門学校で、職業実践専門課程を置く場合、認定条件で学校関係者評価の実施と公表が求められています。

根拠は、専修学校の専門課程における職業実践専門課程の認定に関する規程(平25文部科学省告示133)に定めがあります。

認定

2条 文部科学大臣は、専修学校専門課程であって、次に掲げる要件に該当すると認められるものを、職業実践専門課程として認定することができる。

一 専修学校の専門課程の修了者に対する専門士及び高度専門士の称号の付与に関する規程第2条又は第3条の規定により、当該専修学校専門課程の修了者が専門士又は高度専門士と称することができる専修学校専門課程として文部科学大臣が認めた課程であること。

二 専攻分野に関する企業、団体等(以下「企業等」という。)との連携体制を確保して、授業科目の開設その他の教育課程の編成を行っていること。

三 企業等と連携して、実習、実技、実験又は演習の授業を行っていること。

四 企業等と連携して、教員に対し、専攻分野における実務に関する研修を組織的に行っていること。

五 学校教育法施行規則第189条において準用する同規則第67条に定める評価(←学校関係者評価のこと)を行い、その結果を公表していること。

六 前号の評価を行うに当たっては、当該専修学校の関係者として企業等の役員又は職員を参画させていること。

七 企業等との連携及び協力の推進に資するため、企業等に対し、当該専修学校の教育活動その他の学校運営の状況に関する情報を提供していること。

専修学校の専門課程における職業実践専門課程の認定に関する規程

 

 ここからは勝手に復習です。一般論です。

 学校には3つの評価制度がありました。小・中・高の場合です。

参考条文は、学校教育法42条、同施行規則66条〜68条です。

また、参考資料は、「学校評価ガイドライン[平成28年改訂]学校評価ガイドライン(平成28年改訂)(抜粋です。

図表:3つの学校評価

評価名

内容

実施

報告

ー己評価

学校の教職員が行う評価。

義務(66条)

設置者へ報告(68条)

学校関係者評価

保護者、地域住民等の学校関係者などにより構成された評価委員会等が、自己評価の結果について評価することを基本として行う評価。

努力義務(67条)

B荵絢塢床

学校とその設置者が実施者となり学校運営に関する外部の専門家を中心とした評価者により、自己評価や学校関係者評価の実施状況も踏まえつつ、教育活動その他の学校運営の状況について専門的視点から行う評価。

任意

 

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【借入金明細表】長期借入金の期限前返済知的障害の場合の特別支援学校(高等部)の入学資格