【重要】私立学校法改正法案骨子案が公表される!!評議員報酬の会計処理

2022年04月08日

【レンタル用品】マット・モップのレンタル代の会計処理

モップ sozai_image_62034こんにちは!今日は、ある専門学校でのご質問です。

 

<Q>マット・モップのレンタル代の会計処理

 学校では毎月、マット・モップのレンタル代を業者に支払っています。勘定科目は何が適切でしょうか?

 

<A>

 さて、今回のマットやモップに注目すれば、消耗品費(支出)になります。契約形態に注目すれば、賃借料(支出)になるでしょう。

 

<少し復習>

 学校法人会計では、基準別表第一の注2では「小科目に追加する科目は、形態分類による科目でなければならない。ただし、形態分類によることが困難であり、かつ、金額が僅少なものについては、この限りでない。」と定めています。

 【小科目】形態分類と目的分類の違い

 形態分類は取引をその対象に即して整理する科目分類で、科目の内容を客観的に判断します。例えば、文化祭で使うポスター用の画用紙を購入した場合は、消耗品費(支出)になります。もし目的分類なら文化祭(支出)のようになります。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【重要】私立学校法改正法案骨子案が公表される!!評議員報酬の会計処理