「学校法人制度改革特別委員会(第2回)」が開催【幼児教育】幼稚園・認定こども園・保育園の保育時間

2022年02月14日

【消費税】給食代・園バス代と消費税

給食itadakimasu1 こんにちは!幼稚園法人の監事さんからのご質問です。

 





<Q>【消費税】給食代・園バス代と消費税

学校法人立の私立幼稚園ですが、給食費やスクールバス代(通園バス代)について消費税がかかるのか迷っています。

 

<A>

 幼稚園では、給食は食育。スクールバスは交通安全教育との見方がありますので、給食代・スクールバス代と消費税の取り扱いを下記のように整理します。

 

 給食代やスクールバス利用料は、形式的には課税資産の譲渡等の対価となりますので消費税の課税対象になってきます。

ただし、給食については、食事の提供の対価ではなく、「食育」の観点から教育の実施に必要な経費を授業料として徴収する場合、スクールバスについては、その利用料ではなく、スクールバスの維持・運用に必要な費用を施設設備費として徴収する場合には、消費税では非課税の対象となってきます。

具体的には、その費用が保育料(授業料)や施設設備費として徴収されることが募集要項等において明らかにされ、幼稚園を休んでも保育料(授業料)を返金しないのと同様に、利用の有無や頻度によって徴収する金額に差異が設けられていないなど、保育料(授業料)、施設設備費等に該当すると認められる場合です。

【関連】消費税法6条 ⊂暖饑破(棉渋111号、消費税法施行令14条の5、消費税法基本通達6-11-16-11-2

(参考:「令和210月改訂プロフェッショナル消費税の実務」P224金井恵美子/清文社)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「学校法人制度改革特別委員会(第2回)」が開催【幼児教育】幼稚園・認定こども園・保育園の保育時間