【学校法人ガバナンス改革会議関連】評議員の責任って?大科目が省略できない理由って何?

2021年09月30日

【大学・専門学校】修学支援制度の対象校

案内5こんにちは!今日は、高校でお会いした先生からのご質問です。

 

<Q>修学支援制度の対象校

大学や専門学校の修学支援制度を使う場合には、対象校であることを確認するように生徒に指導していますが、最近の対象校の割合はどうですか?

 

<A>

 2021831日に文科省が公表した対象校の概要です。

区分

学校数(R3.4.1)

要件確認校数

要件確認割合

 

A

B

B/A

大学・短期大学

1,086

1,065

98.1%

高等専門学校

57

57

100%

専門学校

2,683

2,009

74.90%

 

大学・短大で98.1%。高等専門学校で100%。専門学校で74.9%ですが、学生の割合で言うと8割を超えると言います。

 正確な情報は、文科省のホームページでご確認下さい。

高等教育の修学支援新制度 機関要件の確認(更新)申請・審査の概要 

 

 新しい対象校となる学校があれば、中には対象校から外れた学校もあります。ただ、対象校の資格(機関要件の確認と言います)が取り消されても、その際に学校の修学支援新制度の対象者として認定された学生が在学しているときは、その学生については、確認の取消しの後においても新制度の支援を受けることができことになっています。(大学等における修学の支援に関する法律第16条、独立行政法人日本学生支援機構法第17条の2 

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【学校法人ガバナンス改革会議関連】評議員の責任って?大科目が省略できない理由って何?