【負担軽減】就学支援金と修学支援制度【高校】就学支援金を補助金収入としない理由?

2021年10月20日

学校教育法の総則と専修学校・各種学校

質問こんにちは!今日は、ある専修学校の役員の方からのご質問です。

 

<Q>学校教育法の総則と専修学校・各種学校

 専修学校も各種学校の学校教育法に出てきますが、総則の部分の適用はありますか?

 

 

<A>

 学校教育法の総則は、1条〜l5条です。総則は、 1条に定める正規の学校(一条校とも言います)についての総則(一般的・共通的な規定)です。ですから専修学校(11章)、各種学校(12章)の学校には、総則は適用されません。

 余談ですが、個人的には専修学校については、近年は1条学校との垣根が低くなっているように思います。

 

 今日は、ここまでです。

【加筆】 

 きちんとした説明を加筆しておきます。そうは言ってもなかなか学校教育法を読みこなせないので、鈴木先生の逐条学校教育法p26から第1条の解説部分を引用させていただきます。(2021.10.20am10:20)

なお、本章は「第一章総則」となっていて、15条から成っており、これらの条文は10章までに規定する9種類の学校については、文字通りの総則(それらの学校についての共通事項を定めている章)になっているが、11章(専修学校)及び12章(各種学校)については、総則の規定は当然には適用されない書き方になっている。すなわち、専修学校については、法1331項で、5条、6条、9条から12条まで、131項、14条、42条から44条まで及び105条の規定は専修学校に準用することとし(105条の規定は専門課程を置く専修学校のみ)、各種学校については、41項前段、5条から7条まで、9条から11条まで、131項、14条及び42条から44条までの規定を準用することとしている。したがって、本法の「第一章総則」は総則とはいっても、9種類の学校に関する規定についての総則ということである。

 



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【負担軽減】就学支援金と修学支援制度【高校】就学支援金を補助金収入としない理由?