【現物寄付】現物寄付を年度末に一括計上できる根拠は?【高校】授業料の減免と就学支援金の関係

2021年09月21日

【情報開示の期間】財産目録の公開期間とは??

期限こんにちは!今日は、大学法人の方からご質問です。

 



<Q>【情報開示の期間】財産目録の公開期間とは??

 学校法人が毎年作る財産目録は、どのくらいの期間、公開するのでしょうか?

 

<A>

 財産目録の公開については、2つの場合があり、情報公開の期間が違うので注意です。

1.私学法47条(簡単に言うと「各事務所での開示」)

学校法人は、財産目録、貸借対照表、収支計算書、事業報告書、役員等名簿、監査報告書、役員報酬等支給基準を作成し(47条 法作成日から5年間、各事務所に備えて置き、請求があった場合(知事所轄学校法人は、在学者その他の利害関係人から請求があった場合に限る。)には、正当な理由がある場合を除いて、これを閲覧に供しなければならなりません(47条◆法3道務所での開示は、5年間でした。

 

2.インターネットによる開示(私学法63条の2

 私学法63条の2では、上記1の私学法47条の作成書類について、文部科学大臣所轄学校法人については、47条に加えてインターネットによる情報公開を求めています(私学校法施行規則7条 法おまけに同施行規則の施行通知※では、積極的な情報公開及び利用者の利便性向上の観点から、ダウンロード及び印刷が可能な形態でホームページ等に掲載することが望ましいとしています。学校教育法等の−部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令等の施行について(通知)(令元.9.27元文科高第518)

 1の財産目録等の事務所への備置きと閲覧については、私学法47条△如嶌鄒の日から5年間」との規定がありましたが、63条の2の方の情報開示については、今のところ「期間に関する定めはなく、常に公表が必要である」と言う解釈になっています。(参考:松坂先生の逐条解説私立学校法p640)。

 

<今日のまとめ>

2つの情報開示

開示期間

各事務所での開示

47条の情報開示)

5年(47条◆

ネットでの開示

63条の情報開示)

(今のところ)定めがない

→常に公表は必要

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 山田   2021年09月21日 08:50
いつも貴重な情報をお教えいただきありがとうございます。

ネットでの開示について、常に公表は必要。とのことですが、下記についてお教えいただけますでしょうか。
1)一度ネットに出した情報は削除せずに載せておく必要があるのか。
2)公表の必要ということで、最新の情報があれば、過去の情報は削除して良い。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【現物寄付】現物寄付を年度末に一括計上できる根拠は?【高校】授業料の減免と就学支援金の関係