【私学法】2020年4月施行の私学法改正内容は?【現物寄付】現物寄付を年度末に一括計上できる根拠は?

2021年09月17日

【図書】図書の減価償却

図書館2

こんにちは!今日は、ある大学の方からのご質問です。

 

<Q>【図書】図書の減価償却

 図書は、償却しないと思っていたのですが、本では図書も例外的に減価償却する場合があるようですが、実務ではありますか?

 

<A>

1.図書の会計処理

 まず制度の確認です。

 「『図書の会計処理について(報告)』について(通知)」(昭47.11.14 文部省管理局長

通知 雑管第115号)

2.固定資産に属する図書については,原則として,減価償却経理を必要としないものとする。この場合,図書の管理上,除却の処理が行なわれたときは,当該図書の取得価額相当額をもって消費支出に計上するものとする。

 除却による経理が困難なときは,総合償却の方法により減価償却経理を行なうことができる。

 

2.実務

 数は少ないと思うですが、大学法人でも高校法人でも図書の総合償却を行っている学校があります。毎年、発刊されている私学事業の「今日の私学財政」では、図書の減価償却累計御額を集計しています。

(1)大学法人の例

 令和元年度 (555法人)

貸借対照表

金額

 図書

1,277,804百万円

 減価償却累計額

 図書

16,083百万円

 

(2)高校法人の例

 令和元年度 (665法人)

貸借対照表

金額

 図書

35,936百万円

 減価償却累計額

 図書

604百万円

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【私学法】2020年4月施行の私学法改正内容は?【現物寄付】現物寄付を年度末に一括計上できる根拠は?