【部門】資金収支内訳表の大学と短期大学学校教育法の総則と専修学校・各種学校

2021年10月18日

【負担軽減】就学支援金と修学支援制度

選択こんにちは!今日は、高校法人の監事さんからのご質問です。

 

<Q>就学支援金と修学支援制度

 就学支援金と修学支援制度の違いが良く分かりません。

 

<A>

1.高校は就学支援金制度

 就学支援金は、高等学校段階の教育費負担軽減の制度です。

 国は都道府県を通じて高校生に、授業料に対する高等学校等就学支援金(就学支援金)を支給しています。

就学支援金は、国公私立に関係なく年収約910 万円未満世帯の生徒に対し、公立高校では授業料相当の年額118,800 円が支給されています。2020年度からは、私立高校等に通う年収590 万円未満世帯の生徒を対象に、就学支援金の支給上限額を私立高校の平均授業料を勘案した水準の年額39 6,000 円まで引き上げ、私立高校授業料の実質無償化を実現しています。

さらに全国共通の就学支援金制度に加えて、都道府県ごとに授業料や入学金等を補助する制度もよくみられます。

就学支援金 

2.大学・専門学校は修学支援制度

2020年4月から始まった修学支援制度、は大学・短大・高専・専門学校の学生を対象に授業料減免と給付型奨学金によって低所得層の修学支援を行う制度です。2020年度前期には25万7000人が利用しました。

利用するためには、(1)対象校であることと(2)本人が選考基準に通ることが必要です。

(1)については、修学支援制度が利用できる大学・短大は98%、高専は100%、専門学校は73%の学校が対象校になっています。

(2)は、―嗣雲波鷁歙農ぢ咾よびそれに準ずる(収入が一定金額以下の)世帯で学修意欲がある学生(学業成績、学修計画により確認)であることが必要です。

 高等教育の修学支援新制度について (PDF:758KB) PDF

 

単純比較:就学支援金制度vs修学支援制度

 

就学支援金制度

修学支援制度

対象

高校

大学・専門学校(対象校のみ)

給付内容

就学支援金

ー業料減免、給付型奨学金

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【部門】資金収支内訳表の大学と短期大学学校教育法の総則と専修学校・各種学校