【こども園】現在ある幼保連携型認定こども園の創設事情【決算で注意】月報私学2021.2号「休学者の在籍料の取り扱い」の補足説明

2021年04月07日

【決算で注意】国からの助成金(小学校休業等対応助成金)の補足説明

ウイルス200こんにちは!今日は、「新型コロナウイルス感染症にかかる会計処理」の補足情報です。

 

学校の皆様には、私学事業団さんの月報私学20211月号が届いているかと思います。この冊子のp3「経理実務Q&A」に「新型コロナウイルス感染症にかかる会計処理」と言うことで6つのQ&Aが掲載されています。

 このQ&A「国からの助成金(小学校休業等対応助成金)」に補足説明が掲載されました。

https://www.shigaku.go.jp/s_center_qa.htm

 

 まずは、月報私学20211月号

国からの助成金

Q5 新型コロナウイルス感染症の感染防止の対応として、小学生の子どもがいる職員が数日間休み、厚生労働省の小学校休業等対応助成金が交付されました。会計処理はどのようにしたらよいでしょうか。

 

A5 小学校休業等対応助成金とは、令和2年2月27日から3年2月末(予定)までに[彁休校した小学校等に通う子ども、感染した子ども等、小学校等を休む必要がある子どもがいる従業員に対して、事業所が労働基準法で定められている以外の有給休暇を取得させた場合、支払った賃金相当額を助成するものです。「(大科目)補助金収入/経常費等補助金」、「(小科目)国庫補助金(収入)」などが妥当です。また、経常費補助金と区別するために、個別の小科目を設けることもできます(学校法人会計基準別表第一及び第二(注)1、小科目については、適当な科目を追加し、又は細分することができる)。

  

 

<私学事業団の補足説明>

経営実務 Q&A(令和3 1 月号)

Q5 国からの助成金」の補足説明

 

「月報私学」令和31月号(第277号)に掲載した経営実務Q&Aのうち、「Q5国からの助成金」について、内容の補足説明を致します。

 

厚生労働省が新たに創設した、小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための助成金は、助成対象となる事業主が雇用する労働者が雇用保険被保険者か否かにより支給要領が異なります。

2つの助成金は名称が似ていますが、1月号のQ5は,慮柩冓欷曳鑛欷閏坩奮阿凌佑坊犬觸成金についてのQ&Aになります。

 

 嵜祁織灰蹈淵Εぅ襯拘鏡症による小学校休業等対応助成金」(Q5に記載)

対象:雇用保険被保険者以外

助成金の原資:国費

会計処理:(大科目)補助金収入/経常費等補助金、(小科目)国庫補助金(収入)などが妥当と考えられます。

支給決定金額は「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金支給決定通知書」で確認できます。

 

◆嵶称支援等助成金 新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース」

対象:雇用保険被保険者

助成金の原資:事業主が負担する雇用保険料

会計処理:(大科目)雑収入、(小科目)両立支援等助成金(収入)など

雇用保険法に基づく雇用安定事業の枠組みの中での助成金で、原資には事業主が負担する雇用保険料が充当されます。国又は地方公共団体からの助成金には当てはまらないため、補助金収入には該当しません。また、還付金的性格を持つことから、寄付金収入も馴染まないと考えられます。したがって、(大科目)雑収入が妥当と考えられます。支給決定金額は「両立支援等助成金支給決定通知書」で確認できます。

ただし、知事所轄法人においては、所轄庁の指示がある場合にはその指示により処理してください。

なお、助成対象となる休暇取得の期間は令和33末まで延されております(令和3325日現在)。

 

<簡単に言うと>

 小学校等休業等対応助成金は、財源の違いにより、常勤の教職員分は、雑収入。アルバイト分は、国庫補助金収入になります。(先ほどまで逆表示で訂正しました。大変失礼いたしました。2021.4.7 PM4:20)

 正確な判断は、支給決定通知書で確認します。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 逆?   2021年04月07日 09:38
「常勤の教職員分は、国庫補助金収入。アルバイト分は、雑収入」は逆じゃないでしょうか?
2. Posted by 広場の事務局   2021年04月07日 16:07
>>1
事務局の誤りでした。大変失礼いたしました。教えていただき、ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【こども園】現在ある幼保連携型認定こども園の創設事情【決算で注意】月報私学2021.2号「休学者の在籍料の取り扱い」の補足説明