【決算で注意】月報私学2021.2号「休学者の在籍料の取り扱い」の補足説明【監査】監査法人の顧問弁護士への質問書の様式

2021年04月12日

【補助金】補助金の計上区分

選択こんにちは!今日は、ある高校の方からのご質問です。

 




<Q>【補助金】補助金の計上区分

 決算にあたり補助金の計上区分を確認しています。事業活動収支計算書の補助金の計上区分で、教育活動収支の区分にくる補助金と特別収支の区分にくる補助金の区分方法を教えて下さい。

 

事業活動収支計算書

 【教育活動収支】

   経常費等補助金

     国庫補助金

     地方公共団体補助金

 【特別収支】

   その他の特別収入

     施設設備補助金

 

<A>

 それでは、基本に戻り基準を確認してみます。

(大科目)経常費等補助金設設備補助金以外の補助金をいう。

(小科目)施設設備補助金‥設備の拡充等のための補助金をいう。

         

(文 意)はっきりと設備系のものは施設設備補助金。それ以外は、消去法で経常費等補助金になります。(参考:実務指針451-4

 

(根 拠)

 もう少し詳しい説明は、会計士協会の実務指針45号にります。

1 活動区分資金収支計算書

1−4 補助金収入の区分

A 第8号通知毅押ァ複院豊において、「経常費等補助金収入」とは、「補助金収入のうち、施設設備補助金収入を除いたものをいう」と定義され、また、同通知毅押ァ複押豊い砲いて、「施設設備補助金収入」とは、「施設設備の拡充等のための補助金収入をいう」と定義されている。

したがって、当該補助金交付の根拠法令、交付要綱等の趣旨から判断して施設設備のためという目的が明確な補助金収入のみ「施設整備等活動による資金収支」の活動区分に「施設設備補助金収入」の科目で計上し、それ以外の補助金収入は、「教育活動による資金収支」の活動区分に「経常費等補助金収入」の科目で計上する。

なお、活動区分資金収支計算書における「教育活動による資金収支」の活動区分の「経常費等補助金収入」は、事業活動収支計算書では、「教育活動収支」の「経常費等補助金」として計上する。また、活動区分資金収支計算書における「施設整備等活動による資金収支」の活動区分の「施設設備補助金収入」は、事業活動収支計算書では、「特別収支」の「施設設備補助金」として計上する。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ■■ 収入/補助金収入 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【決算で注意】月報私学2021.2号「休学者の在籍料の取り扱い」の補足説明【監査】監査法人の顧問弁護士への質問書の様式