【月報私学より5】休学者の在籍料の取り扱い【ICT】公立高校の学習用端末の整備状況

2021年04月21日

【幼稚園】建設仮勘定の仕訳処理

園舎こんにちは!幼稚園さんでのご質問です。

 





<Q>建設仮勘定の仕訳処理

前年度から新園舎の建築を始め着手金を払いました。今年度は新園舎が完成し、残金を払いました。仕訳はどうなりますか。

 

<A>

 金額は、イメージがわきやすように勝手に入れました。

 

 前年度の新園舎建築の着手金300の支払いは、

 建設仮勘定 300/現金預金 300

 

 今年度の残金400の支払い時は、

 建物    700/現金預金  400

           建設仮勘定 300

 

 学校法人会計では、建物の建築代金について、建物が完成し引渡しされるまでに前払いした諸々の支出(手付金・内金など)を一時的に集計処理するために建設仮勘定を使っています。仮勘定は、最終的な勘定科目が決まっていない場合に使う一時的な勘定のことです。

 基準では、建設仮勘定を「建設中又は製作中の有形固定資産をいい、工事前払金、手付金等を含む。」(別表第三)としています。 

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【月報私学より5】休学者の在籍料の取り扱い【ICT】公立高校の学習用端末の整備状況