人件費の部門別計上【経理業務】振替伝票のハンコの意味

2021年02月24日

高校の新設科目「公共」について

教育基本法こんにちは!今日は、高校法人の監事さんからのご質問です。

 




<Q>高校の新設科目「公共」について

 校長が言っていた新設科目の「公共」とは何でしょうか?

 

<A>

 高校では、平成30年3月に高校の新学習指導要領が告示され、新教育課程は、移行期間を経て、2022年度から学年進行で実施されます。

 高校の新教育課程では、教科「公民」のなかに必修科目として、「現代社会」がなくなり、代わって「公共」が新設されます。ですから高校では、「公共」の開設準備を進めているわけです。

 詳しくは、高校の学習指導要領にあります。

【公民編】高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 (PDF:2.2MB)

 

<少し補足>

 新しい学習指導要領で、代わる教育課程を少し見ておきます。

 出典は、「教育の最新事情がよくわかる本2020p64201910月 編集:教育開発研究所。発行:教育開発研究所)です。

高校の新教育課程の主な変更点

 

■科目や教科の再編・新設

○公民科の「現代社会」を廃止し、必修科目「公共」を新設

○地理歴史科を再編し、必修科目「地理総合」「歴史総合」を新設。探究的な選択科目「地理探究」「日本史探究」「世界史探究」を新設

○国語科を再編。探究的な選択科目として「古典探究」を新設

○教科「理数」を新設など

「総合的な探究の時間」への変更

○「探究の見方・考え方を働かせ、横断的・総合的な学習を行うことを通して、自己の在り方生き方を考えながら、よりよく課題を発見し解決していくための資質・能力」を育

成することを目標とする

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
人件費の部門別計上【経理業務】振替伝票のハンコの意味