【ニュース】修学支援制度の会計処理【収益事業】私学法上の収益事業の計算書類の作り方?

2020年12月09日

記念植樹の樹木の会計処理

樹木1 こんにちは!今日は、ある短期大学でのご質問です。

 

<Q>記念植樹の樹木の会計処理

 この度,学校に海外からの来賓の方があり100万円の樹木を学校で購入し、校庭に植樹してもらいました。会計処理はどうなりますか?資産計上ですか?経費計上ですか?

 

<A>

 学校法人会計の法規集には、類似の取引が見あたりません。参考例として税務の取り扱いをみてみます。

 

1.税務上の「樹木」の取り扱い

(1)「構築物」の細目は「緑化施設及び庭園」

※一 減価償却資産の耐用年数等に関する省令 

別表第一 機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表

種類

構 造 又

は 用 途

細目

耐用年数

構築物

緑化施設及び庭園

工場緑化施設

7年

その他の緑化施設及び庭園(工場緑化施設に含まれるものを除く。)

20年

 ここで補足説明は、耐用年数通達(緑化施設)2−3−8の2から「別表第一の「構築物」に掲げる「緑化施設」とは、植栽された樹木、芝生等が一体となって緑化の用に供されている場合の当該植栽された樹木、芝生等をいい、いわゆる庭園と称されるもののうち、花壇,植樹等植物を主体として構成されているものはこれに含まれる」とあります。

 

(2)「器具及び備品」の「10生物」に該当するもの

※一 減価償却資産の耐用年数等に関する

別表第一 機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表

種類

構 造 又

は 用 途

細目

耐用年数

器具及び備品

10生物

植物

 貸付業用のもの

 その他のもの

 

2年

15年

 例えば,貸出用の観葉植物なら耐用年数は2年

 

(3)「果樹等」に該当するもの

※一 減価償却資産の耐用年数等に関する省令 

 別表第四 生物の耐用年数表

種類

細目

耐用年数

かんきつ樹、りんご樹、ぶどう樹、なし樹、桃、樹、桜桃樹、びわ樹、くり樹、梅樹、かき樹、あんず樹、すもも樹、いちじく樹、キウイフルーツ、ブルーベリー樹、パイナップル、 茶樹、オリーブ樹、つばき樹、桑樹、こりやなぎ、みつまた、こうぞ、もう宗竹、アスパラガス、ラミー、まおらん、ホップ

(略)

(詳細略)

3〜

36年

 

(4)減価償却しない

 耐用年数基本通達2−3−6()では、「ゴルフコースのフェアウェイ、グリーン、築山、池その他これらに類するもので、一体となって当該ゴルフコースを構成するものは土地に該当する。」

 

2.記念植樹の会計処理

 税務を参考にすると(1)の「構築物」の細目「緑化施設及び庭園」が一番近いように感じます。

 私学事業団の実務問答集にも参考になるQ&Aがあります。

189 現物寄付として受け入れる樹木の植樹

Q 大学の開学記念に地方自治体から祝いの樹木(松、桜など)の寄贈を受けた。また、樹木を植樹するための費用として100 万円を要した。この場合、どのように処理すべきか。

A 贈与された資産の評価は贈与時における当該資産の取得のために通常要する価額をもってする。また,樹木は植えて初めて「立木」になるので植樹にかかった費用は取得価額に含めて資産計上する。たとえば寄付を受けた樹木の価額が仮に500万円として,仕訳を示せば次のようになる。

事業活動収支計算書上の仕訳

(借方)構築物 6,000,000 (貸方)現物寄付 5,000,000

               現金預金 1,000,000 

計算書上の仕訳        

(借方)構築物支出 1,000,000(貸方)現金預金1,000,000

※構築物出は、活動区分資計算書では「施設整備等活動」に区分される

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ニュース】修学支援制度の会計処理【収益事業】私学法上の収益事業の計算書類の作り方?