【順番】理事会と監査報告書【ニュース】修学支援制度の会計処理

2020年12月07日

【私学法】私立学校審議会の活躍

理事会 高校法人の事務長さんからのご質問です。

 






<Q>【私学法】私立学校審議会の活躍

 県の私学審は、県の私学行政の諮問機関ですが、単なる諮問機関以上のことができると聞きました。どういうことですか??

 

<A>

 都道府県知事は,学校教育法第4条)瑤和13条に規定する事項を行う場合には,あらかじめ私立学校審議会の意見を聴かなければならないと定められています(私学法8条)。このことから私立学校審議会、私学審は県の私学行政の諮問機関と言われます。

 さて、ここで私学審が県の諮問機関以上のことができると言うですが、おそらく私学法9条△痢峪箜愎海蓮都道府県知事に建議ができる」とこと言っている感じがします。私学法の条文を見てみます。

(私立学校審議会)

第9条 この法律の規定によりその権限に属せしめられた事項を審議させるため、都道府県に、私立学校審議会を置く。

2 私立学校審議会は、私立大学及び私立高等専門学校以外の私立学校並びに私立専修学校及び私立各種学校に関する重要事項について、都道府県知事に建議することができる。

 少し具体的にお話すると私立学校審議会は,学校の設置・廃止、設置者の変更や収容定員に係る学則の変更等について、都道府県知事の諮問に答えます。

さらに、私学法第9条第2項では、高等学校以下の私立学校や専修学校,各種学校に関する重要事項について,都道府県知事に建議することができます。建議は、あまり学校会計の法規集に出てきません。そこで「建議」の意味を有斐閣の法律用語辞典(H24年版)p302から見てみます。

けんぎ【建議】

審議会等の諮問機関が行政機関に対して意見を申し出ること。通常、諮問機関が自発的に意見を申し出る場合に用いられ、諮問に応じて意見を提出する場合の答申と区別される。建議は相手方を法律的に拘束するものではない

 

 また、先の私学法9条2校の「学校に関する重要事項について」とは、何でしょうか? 松坂先生の逐条解説p75によると「私立学校審議会が都道府県知事に対し建議しうる重要事項としては、学校法人に関する事項、私学助成に関する事項等が考えられる。」とあります。つまり、私学審なら私学助成に関する事項についても、自発的に意見を申し出ることができる訳です。

<サブノート的なまとめ>

 私立学校審議会の働き

=県知事の諮問機関(8条 法楔知事に建議可(9条◆

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ◎ 法人運営 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【順番】理事会と監査報告書【ニュース】修学支援制度の会計処理