【法定表簿】往復文書処理簿【役員】監事の仕事とは?

2020年07月29日

【大学】大学の受験資格=入学資格

大学生こんにちは!今日は、高校でもやりとりです。

 

<Q>【大学】大学の受験資格=入学資格

 今の大学の受験資格は、どうなっているのですか?

 

<A>

 大学の受験資格を大学の入学資格に置き換えて回答します。

 一番シンプルなお答えは、学校教育法90条第1項にあります。

(1)高等学校又は中等教育学校の卒業者

(2)通常の過程による12年の学校教育修了者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)

(3)文部科学大臣の定めにより、上記と同等以上の学力があると認められた者

 

 この条文の説明を具体的な生徒像で説明します。「別冊法学セミナー 新基本法コンメンタール教育関係法」(H27日本評論社)のp151152を参考にさせていただきました。それでは、

大学入学資格者

具体的な生徒

(1)高等学校又は中等教育学校の卒業者

 

(2)・通常の過程による12年の学校教育修了者

特別支援学校の高等部や高等専門学校の3年時修了者

・通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者

高等学校や中等教育学校後期課程の定時制・通信制課程の修了者

(3)高等学校卒業者等と同等以上の学力があると認められる者

学教法施行規則150条に7類型がある。

 

(3)の「高等学校卒業者等と同等以上の学力があると認められる者」は、学教法施行規則150条が具体的に7類型を定めています。原文は長いので、短縮して7類型をあげてみます。説明は意訳しています。

7類型

具体的な生徒

ヽ姐颪砲ける12年の学校教育課程の修了者もしくはこれに準ずる者

18歳以上で外国での検定試験合格者。

・外国の高等学校修了者で日本の大学入学準備教育課程等を修了したもの。

・日本にある外国の学校で、高等学校に相当する課程を修了したもの。

高等学校の課程と同等の課程を有する在外教育施設の当該課程修了者

 

指定された専修学校の高等課程修了者

文科大臣に指定されて高等専修学校の卒業生。

※高等専修学校には、修業年限が3年以上であること、課程修了に必要な総授業時数が2590時間以上等の基準がある。

な孤科学大臣の指定した者

在留中の日本人の子どものための日本人学校の生徒。

文部科学大臣に認定された在外教育施設のうち高等部を持は、20134月現在で7校です。

ス眦学校卒業程度認定試験等合格者

 

いわゆる高認の合格者生。

以前は大検と言われました

θ瑤啼学をした者が後に転学等を希望する場合、その大学において認めた者

 

大学における個別の入学資格審査によって認めた者

 

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【法定表簿】往復文書処理簿【役員】監事の仕事とは?