【注記】関連当事者との取引の注記の要否【法定表簿】学籍簿の保管

2020年07月15日

【保育】素話とは何か?

幼稚園こんにちは!今日は、会計士さんからのご質問です。

 

<Q>【保育】素話とは何か?

 認定こども園の先生が言っていた「素話」(すばなし)って何ですか?

 

<A>

 素話は、幼児教育・保育の現場で、先生が園児に絵本や紙芝居などを使わないで物語のお話をしてあげることを言っています。

子どもたちが大人の物語を聞きながらイメージを描き、楽しむところに教育的な意義があります。

割と保育士の受験生が使う言葉のような気もします(実技試験の言語表現)。

 

<きちんとした説明です>

 きちんとした説明は、「改訂新版保育用語辞典」(2019.3 一藝社 編集代表:谷田貝公昭)のp244245です。

■素話 Story telling

絵本や道具を用いずに声だけで物語を聞かせること。口演童話ともいう。

子どもにお話をすることは昔から家庭で行われてきたが、1900年前後から童話作家やお話の専門家が学校などでおおぜいの子どもたちに語り聞かせる活動として広がった。

その後、口演童話の専門家ではない保育者や教師などによって語り聞かせが行われるようになり、こちらを素話と呼んで口演童話と区別することもある。

現在、素話は保育・教育の現場で再評価され、推奨されている。

素話の題材は、童話・昔話・創作物など幅広い。素話には次のような長所がある。〇劼匹發絵本の絵や文字などに気を取られずにお話に集中できる。∋劼匹發各自の想像力を働かせてお話を楽しめる。声からの情報が中心であるため、言葉の響きやリズムに関心を持ちやすい。

また、語り手の大人にとっては、子どもの反応をよく知ることができ、子どもと直接触れ合ってお話の世界を共有することができるという利点がある。子どもの発達段階によっては、理解力や想像力が不十分なために素話を楽しむのが難しいことがあるため、最初は身近な題材を選んだり、単純で繰り返しの多いものから入ったりする工夫が必要である。(大滝まり子)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【注記】関連当事者との取引の注記の要否【法定表簿】学籍簿の保管