【退職給与引当金】過大だった退職給与引当金の減額仕訳【公立大学】公立大学法人の会計制度

2020年06月30日

【高校】私立高校の実質無償化とか?

高校生こんにちは!今日は、専修学校法人の理事さんからのご質問です。

 

<Q>【高校】私立高校の実質無償化とか?

 私立高校の実質無償化ということを聞きますが、何を言っているのでしょうか。

 

<A>

 現在、高校生には、国から授業料の支援については高等学校等就学支援金が、授業料以外(教科書費、修学旅行費等)の支援については高校生等奨学給付金の支給があります。

 特に就学支援金については、20204月から制度が改正され、年収約590万円未満の世帯の私立高校へ通う生徒への支援が手厚くなり、高校の実質無償化といわれることが多くなりました。
 

また、別途、都道府県により追加の助成金が支給されることがあり、高校生の経済的な負担がかなり軽減されています。

例えば、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、福井県、静岡県、愛知県の7都県では国の就学支援金に上乗せする形で助成金を支給し、実質無償化する対象世帯を広げています(この部分:329日の日経記事「私立高の実質無償化世帯、7都県、独自に対象拡大、本社調査、公私の格差是正。」を参考にしています)。

 

<少し補足>

 正確な情報は、文科省のホームページが便利です。

 高校生等への修学支援:文部科学省

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【退職給与引当金】過大だった退職給与引当金の減額仕訳【公立大学】公立大学法人の会計制度