【研修会でのご質問5】寄付金の科目について【コロナ】コロナウイルス対応と幼稚園の開園・休園

2020年03月10日

【源泉税】弁護士さんからの請求書

新幹線こんにちは!学校が臨時休校になりました。びっくりです。広場は、不定期で書くことにしました。
さて、今日は、ある学校さんでのご質問です。

 



<Q>【源泉税】弁護士さんからの請求書

 弁護士さんから請求書が届きました。旅費の覧では、旅費から源泉税が差し引かれていました。弁護士さんの旅費は、源泉税の対象になるのでしょうか?

 

<A>

 源泉税では、弁護士さんに報酬料金の他に交通費を払う場合は、源泉税の対象になります。給与所得の通勤手当とは取扱いが異なります。

 根拠は、所得税基本通達204-2です。なお、本文の例外が基通204-4にあります。

6章 報酬、料金等に係る源泉徴収

法第204条《源泉徴収義務》関係 

〔共通関係〕

(報酬、料金等の性質を有するもの)

2042 法第204条第1項第1号、第2号及び第4号から第7号までに掲げる報酬、料金又は契約金の性質を有するものについては、たとえ謝礼、賞金、研究費、取材費、材料費、車賃、記念品代、酒こう料等の名義で支払うものであっても、同項の規定が適用されることに留意する。

 

 今日は、ここまでです。
  

<追伸>一般的なコロナウイルスの学校対応は、文科省のホームページ情報が新しいです。日々更新されています。↓↓
新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について...




kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【研修会でのご質問5】寄付金の科目について【コロナ】コロナウイルス対応と幼稚園の開園・休園