【改正私学法】責任限定契約は寄附行為のどこに書くの?【税務】令和2年度の文部科学関係税制改正要望事項の結果(概要)

2020年01月20日

【大学】今、なぜ大学で「ガバナンス・コード」?

監督こんにちは!今日は、会計士さんからのご質問です。

 




<Q>【大学】今、なぜ大学で「ガバナンス・コード」?

 今、どうして大学では「ガバナンス・コード」、「ガバナンス・コード」というのですが?

 

<A>

 20204月より改正私学法が施行されます。ここでは、学校法人のガバナンス機能が強化されますが、私学の多様性等も踏まえ、実際の制度運用に当たっては、私立大学版ガバナンスコードの策定を始めとして、個々の法人に応じた自主的・自律的な取組が行われるよう、改革を適切に進めることになっています。

 つまり、「改正私学法(法律)+ガバナンス・コード(自主行動基準)」で私立大学のガバナンスの機能強化を実現し、学校法人の自主的な責務の実現を図っていこうと言うわけです。

 

 ココで用語の解説を少ししておきます。

少し補足:用語解説

用語

意味

大学のガバナンス

高等教育機関内における組織・運営体制を示す総称。

(出典:グランドデザイン答申)

私立大学版ガバナンス・コード

自主行動基準

(出典:学校法人制度の改善方策について 概要)

 

 ガバナンス・コードをめぐる最近の経緯です。

 有識者の「学校法人制度の改善方策について」(H31.1.7大学設置・学校法人審議会学校法人分科会学校法人制度改善検討小委員会)で学校法人のガバナンスの機能強化が提言され、その中の一つに「私立大学版のガバナンス・コード」がありました。そして、提言は改正私学法に繋がります。

 改正私学法が成立した後は、文科省通知「学校教育法等の一部を改正する法律等の施行について(通知)」(元文科高第228号。令和元年712日)で、ガバナンス・コードの必要性が大学法人に要請されました。↓

第三 私立学校法(昭和24年法律第270)の一部改正

2. 留意事項

学校法人の資務

学校法人においては、私学団体が定める自主行動規範である「私立大学版ガパナンス・コード」等も踏まえ、自主的にその運営基盤の強化を図るとともに、その設置する私立学校の教育の質の向上及びその運営の透明性の確保を図るよう努めること。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ◎ 法人運営 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【改正私学法】責任限定契約は寄附行為のどこに書くの?【税務】令和2年度の文部科学関係税制改正要望事項の結果(概要)