【基本金】第3号基本金が必要な理由?【預り金】預り金の補助科目って何が入るの?

2019年11月21日

【経費の教管区分】運動部の寮の経費処理はどっちだ〜?

学生寮こんにちは!今日は、高校法人の方からのご質問です。

 






<Q>【経費の教管区分】運動部の寮の経費処理はどっちだ〜?

 この度は、野球部、サッカー部など運動部の寮(土地・建物)を購入しました。ここで、今後、支出する運動部の寮の諸経費は、教育にするか管理にするか迷っています?教育、管理のどちらでしょうか?

 

<A>

 経費について教育研究経費にするか、管理経費にするかは、文部省の通知雑管第118号によりました。

 ここでは、まず管理経費を7つ限定列挙し、それでも決まらない場合は、主たる使途で教育と管理に分けました。

 今回の運動部の寮も主たる使途で判定することになります。

 この判定については、私学事業団の経営に関する実務問答集に関連するQ&Aがあるので引用されていただきます。青字の部分は、広場の事務局が加筆しました。

 出典は、「学校法人の経営に関する実務問答集<第1次改訂版>」(H10年)の69です。

69合宿所に要する経費の会計処理

Q 運動部の学生用に合宿所を新たに設置する。この合宿所の運営に要する経費は教育研究経費か管理経費か。また合宿所を寮として考え全寮制以外は管理経費とする見解もあると聞いているが、この点についてはどのように考えるべきか

 

A 合宿所は学生の課外活動に係る支出であるため教育研究経費とするのが妥当である。

 しかし、合宿所は運動部の学生用の寮であるとして、全寮制ではないので管理経費とする見解もある。この点について合宿所を寮と考えた場合でも下記の理由から教育研究経費になると解する。

文部省管理局長通知雑管第118号では次の各項に該当することが明らかな経費は管理経費とするとして、その6項目(報告別紙6)で『補助活動事業のうち食堂、売店のために要する経費』をあげ、通知の4で『寄宿舎に要する経費を教育研究経費とするか、管理経費とするかは、各学校法人における寄宿舎の性格と実態に即して学校法人において判断するものとしたこと。』とし、その解説で『たとえば、全寮制を採っている学校でのその寮関係経費は、まぎれもなく教育研究経費に区分されましょうが、単に遠隔地からの学生の一部に対して寄宿舎を用意しておくという程度の場合には、管理経費に区分するのがふさわしいとしているものと解されます。』としている。

この解説から、全寮制の場合は教育研究経費になるのはあきらかであるが、単に遠隔地からの学生の一部に対して寄宿舎を用意しておくのでない場合は各学校法人における寮の性格と実態に即して学校法人において判断することになると解される。合宿所は学生の課外活動という教育目的のものなので教育研究経費と解することもできよう。

参考:文部省管理局長通知昭和461127日付雑管第118

「教育研究経費と管理経費の区分について(報告)」について(通知)

 

<広場の事務局コメント>

 運動部のクラブ活動が学校の特別活動だとどこかに明記さえていれば、そのまま教育活動と言い切れます。

ですがクラブ活動」は、昭和43年の学習指導要領の改訂で導入されたものの、平成10.11年公示版の改訂で中高校の必修クラブは廃止となり、現在は小学校だけに残っています。そうするとクラブ活動が、教育活動の一つと言いきれるかどうか気になります。ですが、現在の高校を見てみると教科・科目の授業はいうまでもなく教育活動です。文科省の通知類をみても、クラブ活動、生徒会活動等の教科以外の教育活動も学校の教育活助の一環として扱われています。(参考:(孤科学省初等中等教育局長通知「高等学校等における政治的教養の教育と高等学校等の生徒による政治的活動等について(通知)」27文科初第933号 H27.10.29。∧孤科学省初等中等教育局長通知「体罰の禁止及び児童生徒理解に基づく指導の徹底について(通知)」24文科初第1269号 H25.3.13

そうすると、通常は、運動部の活動も通常は、高校の教育活動の一環として考えられるので、運動部の寮の諸経費の主たる使途は、教育研究で問題ないかと思います。運動部の寮の諸経費の大科目は、教育研究経費になるでしょう。

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) □□ 支出/経費 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【基本金】第3号基本金が必要な理由?【預り金】預り金の補助科目って何が入るの?