【部門】大学と大学院の関係(ややこしい大学院の部門表示)【政策】学校種ごとの教育支援制度

2019年11月07日

【初等教育】特定教育・保育施設とは?

預かり保育こんにちは!今日は、大学の経理の方からのご質問です。

 

<Q>【初等教育】特定教育・保育施設とは?

 A法人が設置する幼稚園は、特定教育・保育施設といいましたが、どういう意味でしたっけ?

 

<A>

教育・保育施設(幼稚園・認定こども園・幼稚園)のうち市町村長が施設型給付費の支給対象施設として確認した施設を「特定教育・保育施設」と言います(子ども。子育て支援法第31条 

子ども・子育て支援法 

(特定教育・保育施設の確認) ※ややこしい括弧を取りました。↓

31条 第27条第1項の確認は、内閣府令で定めるところにより、教育・保育施設の設置者の申請により、次の各号に掲げる教育・保育施設の区分に応じ、当該各号に定める小学校就学前子どもの区分ごとの利用定員を定めて、市町村長が行う。

一 認定こども園 第19条第1項各号に掲げる小学校就学前子どもの区分

二 幼稚園 第19条第1項第1号に掲げる小学校就学前子どもの区分

三 保育所 第19条第1項第2号に掲げる小学校就学前子どもの区分及び同項第3号に掲げる小学校就学前子どもの区分

 

 そして、特定教育施設は、施設型給付費の支給を受けることが出来ます(子ども・子育て支援法代27条 法

子ども・子育て支援法

(施設型給付費の支給)※ややこしい括弧を取りました。↓

27条 市町村は、教育・保育給付認定子どもが、教育・保育給付認定の有効期間内において、市町村長(特別区の区長を含む。)が施設型給付費の支給に係る施設として確認する教育・保育施設(以下「特定教育・保育施設」という。)から当該確認に係る教育・保育を受けたときは、内閣府令で定めるところにより、当該教育・保育給付認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者に対し、当該特定教育・保育に要した費用について、施設型給付費を支給する。

  教育・保育施設の設置根拠と施設型給付を受ける法的根拠が別なのですね。

<少し復習>

 たまには、幼稚園、保育所、認知こども園の設置根拠となる条文をみておきましょう。

 まず幼稚園です。

学校教育法

第1条 この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。

 

 次は、保育所。

児童福祉法

39条 保育所は、保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うことを目的とする施設(利用定員が20人以上であるものに限り、幼保連携型認定こども園を除く。)とする。

 

 ラストは、久しぶりに認定こども園法(正式名称:就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律)です。

認定こども園法

(定義)

2条 ‥‥

 6 この法律において「認定こども園」とは、次条第1項又は第3項の認定を受けた施設、同条第11項の規定による公示がされた施設及び幼保連携型認定こども園をいう。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ◎ 法人運営 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【部門】大学と大学院の関係(ややこしい大学院の部門表示)【政策】学校種ごとの教育支援制度