【季節の休憩室】今日から11月。「ビオラの花」【改正私学法】改正私立学校法と知事所轄学校法人2

2019年11月04日

【研究報告第32号】保育教諭って何だ?

教育実習生こんにちは!今日は、会計士さんからのご質問です。

 

<Q>【研究報告第32号】保育教諭って何だ?

 会計士協会の学校法人委員会研究報告第32号「施設型給付費を受ける幼稚園のみを設置する学校法人等の会計及び監査に関する研究報告」の付録2に出てくる保育教諭を超簡単に教えて下さい?

 

<A>

 保育教諭を一言でいうと、「幼保連携型認定こども園で働くことができる資格」です。

 復習すると認定こども園は4種類ありました。幼保連携型認定こども園で活躍するのが保育教諭です。

認定こども園

幼保連携型
↑ココ!

幼稚園型

保育所型

地方裁量型

 

 幼稚園教諭と保育士資格を持っていると保育教諭になることができます。

 幼保連携型認定こども園は、認可保育所+認可保育所のような施設なので、ここで活躍する保育の資格も幼稚園教諭+保育士(=保育教諭)となるわけです。

 早わかりの説明

  幼保連携型認定こども園=認可幼稚園+認可幼稚園

  保育教諭=幼稚園教諭の免許+保育士資格

 

 今、幼保連携型認定こども園を増やそうと言う国の政策があるので保育士資格、幼稚園教諭の免許のずれかを持っていれば、2024年までなら保育教諭として働ける特例があります。

また、片方の資格・免許しか持っていない人のために、国は特例措置を設けています。例えば、保育士資格をもっている人が幼稚園教諭免許(二種の場合)をとるためには、(欅藥里箸靴動貭蟯間以上の実務経験、大学での単位取得、の両方が必要となりますが、△涼碓命瑤8単位となります(原則は、83単位必要です)。これなら保育士さんが働きながら幼稚園教諭の免許をこることがでできるわけです。

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) □□ 支出/人件費 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【季節の休憩室】今日から11月。「ビオラの花」【改正私学法】改正私立学校法と知事所轄学校法人2