【学力】PISAって何ですか?【教育】高等教育のグランドデザイン答申って何?

2019年10月21日

【図書室】学校の図書室について知りたい

学校司書こんにちは!今日は、高校の外部監事さんからのご質問です。

 

<Q>【図書室】学校の図書室について知りたい

 高校の図書室の制度について知りたいのですが、どのようなものが役立ちますか?

 

<A>

 今日は、学校会計の法規集ではご回答できないので、「学校図書館ガイドライン」活用ハンドブック解説編(H30堀川照代著 悠光堂」(p45142)を参考にして少しだけ説明してみます。

 

 学校図書館は学校の中にある図書館です。公共図書館が生涯学習機関であるのに対して、学校図書館は学校教育の現場にあります。公共図書館が地域の文化の成熟度を示す尺度であるならば、学校図書館はその学校の教育の充実度を示す尺度といえます。

 学校の図書館が、現在どの段階にある図書館か見てみると学校図書館の進むべき方向性が見えてきます。

 

5.情報センター:情報活用能力を計画的に育成する

4.学習センター(2):ナートナーとして授業を一緒に作る

3.学習センター(1):教科学習に資料・情報を提供する。

2.読書センター:読書材を提供し居心地のよい環境を作る

1.本の倉庫:鍵がかかっていたり会議室等に使用されたりする

 

 もし学校図書館の制度を知りたい場合には、次のものに当たるのが便利です。

1.学校図書館法

1953年に議員立法により制定された学校図書館に関する法律です。現在は、全8条からなっています。

第三条 この法律において「学校図書館とは、 ……学狡の教育課程の展開に寄与する

とともに、児童又は生徒の健全な教養を育成することを目的として設けられる学校の設備をいう。

 

第1条 (この法律の目的)

第2条 (定義)

第3条 (設置義務)

第4条 (学校図書館の運営)

第5条 (司書教諭)

第6条 (学校司書)

第7条 (設置者の任務)

第8条 (国の任務)

 

2.「学校施設整備指針」文部科学省

 文部科学省では、学校施設について、学校教育を進める上で必要な施設機能を確保するために、計画及び設計における留意事項を学校種ごとに「学校施設整備指針」として示しています。

 

3.「学校図書館ガイドライン」文部科学省

 「学校図書館ガイドライン」は、教育委員会や学校等にとって参考となるよう、学校図書館の運営上の重要な事項についてその望ましい在り方を示しています。

1)学校図書館の目的・機能

2)学校図書館の運営

3)学校図書館の利活用

4)学校図書館に携わる教職員等

5)学校図書館における図書館資料

6)学校図書館の施設

7)学校図書館の評価  

 

4.全国学校図書館協議会の「学校図書館評価基準」

 現在の学校図書館の現場で広く使われているようです。

 

5.役立つサイト

 学校図書館文部科学省

 全国学校図書館協議会

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:01│Comments(0) ◎ 法人運営 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【学力】PISAって何ですか?【教育】高等教育のグランドデザイン答申って何?