【幼児教育の無償化QA1:全体】幼稚園や認定こども園の無償化の概要【幼児教育の無償化QA3:共通】幼稚園の預かり保育の無償化の概要

2019年08月30日

【幼児教育の無償化QA2】実費徴収費用の取り扱い

幼稚園 こんにちは!ご質問が多いので主に内閣府の資料を見ながら、幼児教育の無償化の概要を解説しています。

 




【幼児教育の無償化QA2】

<Q>実費徴収費用の取り扱い

 幼稚園、認定こども園、保育所での実費徴収費用はどうなりますか?

 

<A>

•実費徴収費の取り扱い
 幼児教育の無償化と世間では言いますが、無償化は満3歳(認定こども園は満3歳児から)から卒園までの保育料です。通園送迎費、食材料費、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。無償化の対象外です。

・食材料費
 食材料費については、いろいろ議論があったのですが、結局、保護者が負担する考え方を維持し、施設による実費徴収を基本とすることになりました。

 ただし、年収360万円未満相当世帯の子供たちと全ての世帯の第3子以降の子供たち(低所得者世帯など)については、副食(おかず・おやつ等)の費用が免除されます。

 2号認定こどもの副費(おかず・おやつ等にかかる費)については、これまで利料に組み込まれていました(4,500円相当)が、無償化後は施設による実費徴収となります。ここは、保育園さんでちょっと困ったとお話を伺いました。

 

※もっと正確に知りたい方は、↓↓

幼児教育保育の無償化概要: 子ども・子育て本部 - 内閣府

 

 また、実務では関係する自治体のホームページが役立ちます。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) 《特集 2019幼児教育の無償化》 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【幼児教育の無償化QA1:全体】幼稚園や認定こども園の無償化の概要【幼児教育の無償化QA3:共通】幼稚園の預かり保育の無償化の概要