【基本金】担保資産と基本金の組入れ【図書】図書館と図書室

2019年06月21日

【図書館】学校図書館と大学図書館

図書館2こんにちは!今日は、大学法人の評議員さんからのご質問です。

 

<Q>【図書館】学校図書館と大学図書館

 この学校法人には、幼稚園、中学校、高校、大学がありますが、司書教諭は大学にはいないのですか?

 

<A>

 大学図書館と、中学・高校の図書館(学校図書館と言います。)では制度上の違いがあります。大学の図書館には、司書教諭の設置は求められていません。

 少しだけ説明します。

 

1.学校図書館

(1)学校図書館とは

 学校図書館法では、学校には、学校図書館を設けなければならないと定めています(学校図害館法第3条)。そして、ここでの学校図書館は、小学校、中学校、高等学校と指します(同法2条)。

(2)司書教諭

 学校には、学校図書館の専門的職務を掌らせるため、司書教諭を置かなければならない。(第5条第1項)。司書教諭は、主幹教諭(養護又は栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭を除く)、指導教諭又は教諭をもって充てる。この場合において、主幹教諭等は、司書教諭の講習を修了した者でなければならないことになっています。(同法第5条第2項)

(3)学校司書

 2014年の法改正により、学校司書が新設されました。

 学校には、司書教諭のほか、学校図書館の運営の改善や向上を図り、児童や生徒、教員による学校図書館の利用の一層の促進に資するため、専ら学校図書館の職務に従事する職員(学校司書という。)を置くよう努めなければなりません。(同法第6条第1項)

 

2.大学図書館

 大学図書館は、大学設置基準で設置が求められています(大学設置基準36条)。

 そして、図書館には、その機能を十分に発揮させるために必要な専門的職員その他の専任の職員を置くことになっています(同基準38条第3項)。

 

<関連>

司書教諭、学校司書、司書の比較

 

司書教諭

学校司書

司書

設置根拠

学校図書館法第5

※12学校以上の学校は必置。11学級以下の学校は、当分の間、設置を猶予。

学校図書館法第6

※「〜置くよう努めなければならない。」←努力義務

図書館法第4

 図書館に置かれる専門的職員を司書及び司書補と称する。

※必置とまでは書いていない

業務

学校図書館の専門的職務を掌る。

専ら学校図書館の職務に従事する。

図書館の専門的事務に従事する。(4条◆

職種

主幹教諭、指導教諭又は教諭をもって充てる。(学校図書館法第5条∩庵福

学校事務職員又はその他必要な職員に相当(学校図書館法第37条´∩庵福

 

資格

司書教諭の講習を修了した者(学校図書館法第5条)

資格について制度上の定めはない

・大学の司書課程を修了するか司書講習で必要な単位を修得し、大学(短大を含む)を卒業したもの

3年以上司書補の勤務経験者で司書の講習を修了した者(図書館法第5条)

勤務形態

常勤

常勤又は非常勤

常勤又は非常勤

正確な情報をもっと知りたい方は↓↓

  学校図書館文部科学省

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ★ 固定資産/図書 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【基本金】担保資産と基本金の組入れ【図書】図書館と図書室