【News】初等教育と無償化と高等教育の負担軽減!!【至急】幼児教育の無償化情報はどこにあるの??

2019年05月14日

【決算での質問12】私立大学退職金財団負担金の表示

疑問こんにちは!今日は、大学の経理の方からの御質問です。

 

<Q>【決算での質問12】私立大学退職金財団負担金の表示

 人件費支出内訳表では、私立大学退職金財団に支払う負担金については、所定福利費とは別に「私立大学退職金財団負担金」と独立した科目を用いて表示していますが良いのでしょうか?

 

<A>

 私立大学退職金財団に支払う負担金については、所定福利費とは別に「私立大学退職金財団負担金」等の独立した科目を用いて表示します。

 

<少し解説>

1.結論部分は、「私立大学退職金財団及び私立学校退職全団体に対する負担余等に関する会計処理に関するQ&A(研究報告第22)のQ4にあります。要旨です。

 大学が私大退職金財団に支払う負担金は、(小科目)教員人件費支出又は(小科目)職員人件費支出の細分科目のうち、適当な細分科目、例えば、「私立大学退職金財団負担金支出」等を設けて処理することになっています。(実務指針第4411-3

 表示場所は、人件費支出内訳表の所定福利費の後に私立大学退職金財団負担金支出と表示します。

 他方、都道府県の私学退職金団体に対する負担金等の支出については、例えば、「所定福利費支出」、「私学退職金社団掛金支出」等の細分科目を設けて処理する(実務指針第4411-4) とされていますが、大部分の学校法人においては「所定福利費」

に含めて表示されています。

 以上から、原則として私大退職金財団に支払う負担金は「所定福利費」とは別個の細分科目で表示されます。

 

2.少し補足

・別立て表示の理由

 退職金団体への掛金(負担金)の会計処理は、都道府県と大学では異なる財政方式のため、人件費支出内訳表の細分科目が異なっています。

・表示場所

 旧「私立大学退職金財団に対する負担金等に関する会計処理及び監査上の取扱いについて」(H58.3.29。学校法人委員会報告第29号)の解説2.(1)部分です。

2.会計処理及び表示

(1)負担金について

 公開草案の段階では,掛金についての解釈がむしろ一種の共済制度に対する掛捨保険料であるという考え方が示されていた。これは草案の解説でも述べているように,短期的かつ形式的な観点からみた場合のことであるが,本報告では掛金について長期的かつ実質的な観点からこれは退職金の支払と同一の性格を持つものであるという点が強調されることとなった。この変更は,退職給与引当金の計上方法についての草案の手直しにつながっている。

 この負担金については人件費の中に独立した細分科目を用いて表示することとされているが,具体的には「人件費支出内訳表」において,「所定福利費」と並んでその後に表示されることになろう。(←多分、ここが表示の原点)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) □□ 支出/人件費 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【News】初等教育と無償化と高等教育の負担軽減!!【至急】幼児教育の無償化情報はどこにあるの??