【基本金】基本金対象資産は正規の用語?【基準】学校会計が原価主義の理由??

2019年01月30日

【基本金】第2号、第3号の基本金明細表の「−」表示

疑問こんにちは!大学法人の総務の方からの御質問です。

 

<Q>【基本金】2号、第3号の基本金明細表の「−」表示

 基本金明細表では、第2号基本金と第3号基本金の「要組入高」と「未組入高」欄は、「−」表示になっています、誤りではないですか?


※基本金明細表(抜粋)

 

要組入高

組入高

未組入高

備考

 

 

 

 

 

2法基本金

 

〇〇〇

 

 

3号基本金

 

□□□

 

 

 

<A>

 基本金明細表では、第2号と第3号基本金の「要組入高」と「未組入高」欄は、空欄で金額が書かないことになっています?

 第十号様式は次のように「−」表示になっています。

※基本金明細表(抜粋)

 

要組入高

組入高

未組入高

備考

 

 

 

 

 

2法基本金

〇〇〇

 

3号基本金

□□□

 

 

<少し説明>

 今回は、会計士協会の公表物に説明があります。「基本金に係る実務上の取扱いに関するQ&A」(学校法人委員会研究報告第15)の「53基本金明細表の要組入高及び未組入高の記載について」に説明があります。

 多少修正します(内容は同じ)。

1)第1号基本金と第4号基本金

 固定資産の取得事実や文部大臣裁定によって組入れを要する額が確定する第1号基本金や第4号基本金に係る未組入額は、翌年度以後に組み入れていくことを要する額として貸借対照表上に注記表示される必要があるものです。
 

2)第2号基本金と第3号基本金

 これに対し、第2号基本金と第3号基本金の組入予定額や組入目標額は、基本金組入れの計画であり、将来の事情に応じ変更もされ得るという予定的・可変的な性格を持っており、したがって、計画表に記載されるものです。

 以上のような理由から基本金明細表では、第2号基本金及び第3号基本金の「要組入高」と「未組入高」の欄に「−」が記されていると考えられます。したがって、この欄には金額を記載しないことになっています。

 と言うことです。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ☆ 基本金 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【基本金】基本金対象資産は正規の用語?【基準】学校会計が原価主義の理由??