【基本金】第2号、第3号の基本金明細表の「−」表示【保育所】保育所の基本金の会計処理

2019年01月31日

【基準】学校会計が原価主義の理由??

疑問こんにちは!会計士さんからの御質問です。

 

<Q>学校法人会計が原価主義の理由??

 学校法人会計では、時価主義でなく原価主義を採用していますが、どうしてでしょうか?

 

<A>

 現在の学校法人会計基準の素案になっている学校法人財務基準調査研究会の「学校法人会計基準」(昭和4552日に当時の文部省に報告)の解説にそのヒントがあります。

 出典は、「学校法人会計基準解説」(昭和458月。古川栄一編著)p55です。

 その第1は、学校法人の永続性という前提である。もしも法人が短期間で解

散するとすれば、その時どきの売却時価がいくらかという資料が重要になるかもしれない。これに反して永続を前提とする場合は、法人の維持すべき資産額を維持しているかどうかを明らかにすることが、会計の重要な役目である。その「維持すべき資産の額」は資産の取得価額がその最小限度として成り立ちうるからである。ただしこのことは貨幣価値の変化しない場合にのみ十分の妥当性がある。もし貨幣価値が大きく変動(主に低落)する場合(たとえばインフレーション)には、取得原価を修正しなければならない。

 第2の理由として、原価は時価よりもはるかに確実な値であり、客観的な証拠資料でもって立証することが容易であって、理事者や会計担当者の悪意的な会計処理を排除できるという効果は、時価に比べてズッと大きい。かように会計処理の確実性・客観性という条件は法人外部の各関係者に対する会計報告、または経理公開の場合にとくに重要な意義をもつものである。

 簡単に言うと、ヽ惺擦了饂困惑箋僂鯀按鵑砲靴覆い里杷箋儔礎諭併価)はあまり大切でない、原価は確実な値と言うところでしょうか。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ☆ 計算書類 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【基本金】第2号、第3号の基本金明細表の「−」表示【保育所】保育所の基本金の会計処理