【印紙】会計顧問契約と印紙税【注記】出資会社の注記例

2018年12月07日

【子育て】一号認定、二号認定、三号認定の呼び方の由来ってどこ??

午睡こんにちは!今日は、学校会計の会合での御質問です。

 

<Q>【子育て】一号認定、二号認定、三号認定の呼び方の由来ってどこ??

 施設型給付のこども園で、一号認定、二号認定、三号認定と言いますが、どうしてこういう呼び方をしているのですか?

 

<A>

 学校会計の法規集にはギリギリで掲載されていない法規に子ども・子育て支援法がありますが、この(支給要件)19条第1に答えがあります。

 簡単に言うと、子ども・子育て支援法の第191項第1号に規定されていることもが「一号認定こども」。二号に規定されている子どもが「二号認定こども」。3号に規定されいるこどもが「三号認定こども」になっています。

  子ども・子育て支援法の19条を引用すると

根拠条文

内容

→略称

191

一 満三歳以上の小学校就学前子ども(次号に掲げる小学校就学前子どもに該当するものを除く。)

一号認定子ども

192

二 満三歳以上の小学校就学前子どもであって、保護者の労働又は疾病その他の内閣府令で定める事由により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの

二号認定子ども

1932

三 満三歳未満の小学校就学前子どもであって、前号の内閣府令で定める事由により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの

三号号認定子ども

  

子ども・子育て支援法の原文

(支給要件)

第十九条 子どものための教育・保育給付は、次に掲げる小学校就学前子どもの保護者に対し、その小学校就学前子どもの第二十七条第一項に規定する特定教育・保育、第二十八条第一項第二号に規定する特別利用保育、同項第三号に規定する特別利用教育、第二十九条第一項に規定する特定地域型保育又は第三十条第一項第四号に規定する特例保育の利用について行う。

一 満三歳以上の小学校就学前子ども(次号に掲げる小学校就学前子どもに該当するものを除く。)

二 満三歳以上の小学校就学前子どもであって、保護者の労働又は疾病その他の内閣府令で定める事由により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの

三 満三歳未満の小学校就学前子どもであって、前号の内閣府令で定める事由により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ◎ 法人運営 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【印紙】会計顧問契約と印紙税【注記】出資会社の注記例