【高校】高校法人の会計処理の特例【子育て】一号認定、二号認定、三号認定の呼び方の由来ってどこ??

2018年12月06日

【印紙】会計顧問契約と印紙税

印紙こんにちは!専修学校法人の事務長さんからのご質問です。

 

<Q>会計顧問契約と印紙税

 学校法人会計の会計顧問の契約を結びたいのですが、印紙は必要ですか?

 



<A>

 委任契約と請負契約の違いに注意します。

 委任契約と請負契約のイメージです。

・試算表や元帳の作成(成果物)がある場合は、請負契約

 (仕事の完成が目的)

・会計処理の相談業務で成果物のない場合は、委任契約

 (仕事の完成が目的でない)…民法643,656

 

 そして、印紙税法では、請負契約は課税の対象になります。つまり請負契約書は印紙税の課税文書になります。

 委任契約は原則として不課税(継続する売買の委任等は第7号文書(継続的取引の基本となる契約書)になります。)になっています。

 

 委任契約と請負契約の違いは、その境界が難しいところがあるのですが、だいたいこんな感じです。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ◎ 税務 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【高校】高校法人の会計処理の特例【子育て】一号認定、二号認定、三号認定の呼び方の由来ってどこ??