【財務比率】学校法人の流動比率を見る場合の注意点!【財務分析】高校だけの財務比率?

2018年11月09日

【財務分析】高校の入学定員充足率の注意点?

高校生こんにちは!今日は、短期大学法人の総務の方からの御質問です。

 

<Q>【財務分析】高校の入学定員充足率の注意点?

 入学の状況を入学定員充足率でみているのですが、高校部門の場合には、少し注意があるとききました。思いつくことがあれば教えてください。

<A>

 まず、入学定員充足率の確認です。

 「入学定員充足率=入学者数÷入学定員」

 大学の場合は、入学者が決まると今後4年間の収入に大きな影響があります。高校の場合は、今後3年間の収入に影響が出てきます。そこで、入学定員充足率が注文されるわけです。

 

 入学定員充足率は、一般には100%に近づくほど良いと考えられます。

 入学定員充足率の算式は、短大であれば、学則に定められた入学定員に対する、実際の入学者数の割合を示す比率でした。しかしながら、高校の場合、学則上の入学定員を下回る募集定員を設定している場合があります。短大と高校の場合には、分母の定員が異なる場合があります。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ☆ 財務分析 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【財務比率】学校法人の流動比率を見る場合の注意点!【財務分析】高校だけの財務比率?