【国立と私立】国立大学の入学金の会計処理【消滅時効】未収授業料の時効

2018年11月23日

【負債】不思議な負債?「前受金」!

質問こんにちは!今日は、高校の校長からの御質問です。

 

Q不思議な負債?「前受金」!

 理事会で決算書の説明を受けたときに、貸借対照表に短期借入金が負債にあるのはわかるのですが、授業料などの前受金が負債にあるのがピンときません。

 前受金が負債なのは、どう考えたら良いのでしょうか??

 

<A>

 貸借対照表には、短期借入金、未払金、前受金、預り金などの負債があるかと思います。

 ここで負債を学校会計的に分類してみます。

 

分類

貨幣性の科目

非貨幣性の科目

意味

これからお金を払うので負債

翌年度に教育サービスを提供する義務がある

科目例

短期借入金、未払金

前受金

 

 短期借入金や未払金は、これからお金を支払う義務がある科目なので「負債」。

 他方で、前受金は、お金でなく教育サービス(具体的には授業など)を提供する義務があるので負債になります。

 そして、翌年度に教育サービス(授業)を行えば、授業料収入と言う収入になります。このため前受金のような負債を収益性負債と言っています。

 貸借対照表の前受金を気にすることは、すばらしい財務センスがあると言えます。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ★ 負債 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【国立と私立】国立大学の入学金の会計処理【消滅時効】未収授業料の時効