【高校5】中小一貫教育って何?【業界】学生数の推移のグラフ

2018年07月02日

【基準】昔は学校法人会計基準がなかった理由?

疑問こんにちは!大学の経理の方からの御質問です。

 

<Q>昔は学校法人会計基準がなかった理由?

 学校法人会計基準は、昭和46年に施行されましたが、それ以前は会計処理の基準がなかったのはどうしてですか?

 

<A>

 回答になるかどうかわかりませんが、参考になる記述は残っています。

 出典は、昭和45年に発刊された「学校法人会計基準解説」(編著者:古川栄一)p6にあります。

 もっとも私立学校の会計処理については、「私立学校法」(昭和241215日制定)によって、その第47条に、つぎのように規定されている。「学校法人は、毎会計年度終了後2月以内に、財産目録、貸借対照表及び収支計算書を作り、常にこれを各事務所に備えておかなければならない。」またその第48条には、「学校法人の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終るものとする。」と規定しているのである。

 私立学校の会計処理について、私立学校法はこのように示しているにしても、それのよるべき一般的な共通の会計基準となるものはない。また、会計処理の標準的な内容が規定されているわけでもない。その財務諸表の届出や公開についても、義務づけていないのである。

 そのために私立学校の自主性を尊重するという立場から、学校法人が行なう会計処理の方式は、それぞれの学校法人にまったくゆだねられている。


 私立学校の自主性は、私学法の第1条に出てきます。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ◎ 法人運営 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【高校5】中小一貫教育って何?【業界】学生数の推移のグラフ