【内部進学】内部進学者の入学金の減免【固定資産】固定資産の金額基準の例外がある??

2018年05月24日

【配列法】貸借対照表の配列法

疑問こんにちは!今日は、高校法人の経理の方からの御質問です。

 

<Q>貸借対照表の配列法

 学校法人の貸借対照表の配列が会社と違っているのは、どうしてですか?

 

<A>

 貸借対照表の項目の配列法には、流動性配列法と固定性配列法とがあります。

 固定性配列法は、資産は、固定資産、流動資産の順に配列します。負債は、固定負債、流動負債の順に配列します。

 学校法人会計基準が固定性配列法を採用したのは、学校法人の資産のうちで、固定資産の割合が流動資産に比較して高いからで、その傾向を反映して選択しました。

(同趣旨:「学校法人会計基準解説」p91 昭45年同文館。古川栄一著←この基準が文科省令の学校法人会計基準のベースになっています。)

 

 今日は、学校法人会計基準誕生の頃に遡ってみました。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ☆ 計算書類 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【内部進学】内部進学者の入学金の減免【固定資産】固定資産の金額基準の例外がある??