【配列法】貸借対照表の配列法【図書】大学の図書館と図書の電子化

2018年05月25日

【固定資産】固定資産の金額基準の例外がある??

机こんにちは!今日は、高校法人の会計事務所さんからの御質問です。

 

<Q>固定資産の金額基準の例外がある??

 学校会計では、固定資産の金額基準の例外があると聞きました。どういうことですか?

 

A

 固定資産は、耐用年数1年以上であり(いわば時間基準),取得価額が一定額以上(いわば金額基準)例えば10万円以上のものをいいます。

  しかしながら、学校会計では、金額に関わりなく資産計上するものが2つあります。/渊颪鉢⊂額重要資産です。

 

/渊颪蓮∧孤省の通知で金額の大小に関わりなく資産計上します。

※「図書の会計処理について(報告)」について(通知)(昭47.ll.14雑管第115号)

 

⊂額重要資産は、椅子,書架,ロッカー類のような機器備品です。これらの機器備品は、学校法人にとって基本的に重要なものであり,その目的遂行上常時相当多額に保有していることが必要とされる資産と考えられるので、金額の大小に関係なく、学校会計では資産計上します。(文部省通知。文管振62号,昭49.2.14)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ★ 固定資産 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【配列法】貸借対照表の配列法【図書】大学の図書館と図書の電子化