【計算書類】支払資金と計算書類のつながり【寄付】後援会での寄付募集の可否

2018年01月16日

【監査】寄付金のルール違反との会計士の参考事項

参考事項こんにちは!大学法人でたまに尋ねられるご質問です。

 

<Q>寄付金のルール違反との会計士の参考事項

 大学では、寄付金の取り扱いでルール違反があると、公認会計士監査の監査報告書に参考事項が記載されるそうですが、どうして会計数値が変わらないのに参考事項を書くのですが?

 

<A>

1.文科省通知

 まず、寄付金の文科省ルールの確認をします。

 文科省では、大学の入学選抜に際して、一部の私立大学において入学者選抜の公正を疑わしめるような事態が起こったことから、入学者選抜の公正確保と会計処理の留意事項を通知で明示しました。※私立大学における入学者選抜の公正確保等について(通知)(平1410.1 14文科高第454号)

 加えて、大学法人の公認会計士監査については、文科省通知で寄付金監査の留意事項が明示されました。

「平成27年度以後の監査事項の指定について(通知)(平27.3.30 26文科高第1120)

 …………

二 監査事項の内容について

平成27年文部科学省告示第73号により指定された平成27年度以後の監査事項の具体的内容は次のとおりであること。

1 資金収支計算書について

イ 上記アの具体的内容のうち特に留意すべき事項は次のとおりである。

(オ)寄付金や学校債による資金の受入れが、適正に行われているか。

 特に、入学者又はその関係者からの受入れに留意すること

 

2.公認会計士の参考事項の記載

 さて、公認会計士の対応です。

 寄付金の受入れに関して、所轄庁から監査事項として指定され又は監査上特に留意することとされた場合の取扱いが学校法人委員会実務指針第39号「寄付金収入に関する実務指針」僑(2)に示されています。

 すなわち、寄付金の収入に関する会計処理の適否については監査意見に影響を及ぼす事項ですが、受入れの時期や受入方法の適否については計算書類の適正性に関する監査意見に影響を及ぼすものではありません。しかし、監査上特に留意することとして所轄庁が指定している場合、所轄庁に対する行政上の参考資料を提供するため、寄付金の受入れに関し所轄庁の指示に反する事項がある場合には参考事項として記載することになります。

※参考

・寄付金収入に関する実務指針(学校法人委員会実務指針第39号)僑押(2)参考事項の記載》

・寄付金収入・補助金収入に関する留意事項(学校法人委員会研究報告第31) 2.監査上の取扱い(2)参考事項の記載

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0) ◎ 監査 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【計算書類】支払資金と計算書類のつながり【寄付】後援会での寄付募集の可否