2017年11月24日

【図書】図書の購入と値引額

図書こんにちは!今日は、ある高校の方からのご質問です。

 

<Q>図書の購入と値引額

 図書の購入で値引きがある場合、定価を資産計上し、値引額を雑収入処理することができるとするのはどうしてですか?

 

<A>

まず図書の会計処理の確認です。※「図書の会計処理について(報告)」について(通知) (47.11.14雑管第115)

4 図書の取得価額には、原則として、取得に要する経費を含まないものとする。大量購入等による値引額および現金書割引額は、「雑収入」として処理することができる。

 値引きのある図書を定価表示できるとするのは、文部省の通知が発出された昭和47年当時は(今からだいたいで45年前)、図書の現物管理などが簡単でわかりやすいからだと考えられます。このため図書の値引額は、雑収入処理できることとしました。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)★ 固定資産/図書 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字