2017年10月12日

【未払金】未払金と未払費用の違いってどこ?

選択こんにちは!今日は、短大の経理の方からのご質問です。

 

<Q>未払金と未払費用の違いってどこ?

 学校の科目表に未払金と未払費用があるのですが、どこが違うのかわかりません。

 

<A>

 学校会計では、未払金が基準に出てくるのでお馴染みですが、未払費用はたまにしかお目にかかりません。それでは、未払金と未払費用はどこが違うのでしょうか。学校会計の法規集には、回答がないので一般論でのお答えになります。

 手がかりは企業会計原則にあります。

(3)未払費用

未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、既に提供された役務に対していまだその対価の支払が終らないものをいう。従って、このような役務に対する対価は、時間の経過に伴い既に当期の費用として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。また、未払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による未払金とは区別しなければならない。

 ここで「一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合」とは電気、ガス、水道、電話、保険料の料金などが考えられます。

 

少し、図解です。

確定債務

継続的役務提供契約

未払費用

上記以外

未払金

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)★ 負債 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字