2017年08月25日

【保育】午睡ってなんだろう?

午睡こんにちは!今日は、短期大学法人の税理士事務所の方からの御質問です。

 

<Q>【保育】午睡ってなんだろう?

 設置している認可保育園の園長先生が「園児が午睡を取りました」とありましたが、午睡って何でしょうか?

 

<A>

 午睡(ごすい)は、日常会話ではあまり使いませんが、保育では使う言葉です。午睡は、昼寝のことです。午睡を「午後に睡眠をする」と読めばイメージがつかめます。

 幼稚園では少ないのですが保育時間の長い保育園では、午睡があります。

 午睡は、子どもの年齢に応じて心身の疲労を取るために有益を考えられています。

 

 もっときちんとした説明は、専門書の力を借りてお応えします。

出典:「新版・保育用語辞典」p140(H28一藝社、編集代表:谷田貝公昭)

 

午睡 nap of babies or children

 昼寝のことを指す。午睡は、一日に必要な睡眠時間の夜間における睡眠不足分を日中の睡眠で補うことであり、午後の睡眠とは限らない。新生児は、寝たり起きたりを繰り返す「多相性睡眠」であるが、乳児期以降は、夜間にまとめて睡眠をとる「単相性睡眠」の基礎が形作られていく。睡眠は加齢によって総睡眠時間に減少パターンが見られる。昼夜の区別なく睡眠と覚醒を繰り返していた新生児期から、成長とともに一日の睡眠時間は短くなり、1歳頃では12時間程度で午睡は2時間程度となる。3歳頃では約11時時間半程度で午睡は1時間半程度、4〜6歳では1011時間程度であり、6歳頃にはほとんど午睡はなくなっていく。近年、子どもの生活が大人の影響で夜型化していることが指摘され、同時に保育時間も長時間化する傾向の中で、午睡は子どもの心身の疲れを癒やすためにも重要と言える。一方で、年長児は午睡が就寝時刻を遅らせることが分かっており、次年度以降は小学校へ入学し始業時間が大きく変わってくることを視野に入れると、午睡の位置づけには十分な配慮が必要である。(嶋博嗣)

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字