2017年07月25日

【小規模保育】小規模保育のA型、B型、C型

こども園こんにちは! 今日は、子ども・子育て支援制度の御質問です。

 


<Q>小規模保育のA型、B型、C型

 小規模保育事業のA型、B型、C型って何ですか?

 

<A>

 小規模保育は、保育士資格者の配置比率等の違いによって、A型、B型、Cの3つの型に分かれます。小規模保育事業は、多様な事業からの移行を想定し、A型(保育所分園、ミニ保育所に近い類型)、C型(家庭的保育(グループ型小規模保育)に近い類型)、B型(中間型)の3類型を設け、認可基準を設定しています。

 

類型

A型

B型

C型

イメージ

ミニ保育所

AとCの中間型

家庭的保育に近い

定員

6〜19人

同左

6〜10人

経過措置あり

1人当たりの面積

01歳…3.3

2歳…1.98

同左

02歳…3.3

 

保育従事者

保育士

保育士(12以上)

家庭的保育者

給食

自園調理。

外部搬入可。

同左

同左

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:01│Comments(0)《特集》子ども・子育て 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字