2017年07月06日

【理事者確認書】理事者って誰ですか?

内部統制2こんにちは!今日は、ある高校法人の事務長からの御質問です。

 

<Q>理事者って誰ですか?

 会計士さんに提出した「理事者確認書」ですが、理事者という言い方がピンときません。理事長にきれいに説明できないでしょうか?

 

<A>

 企業で言う「経営者」のことを学校法人では「理事者」と言っています。具体的には理事者確認書の理事者とは、理事長や財務担当理事のことを言っています。

 もともと企業会計用の監査手法を学校法人監査で取り入れているので用語の読替が必要になっています。

 さて、理事者の用語読替の説明は、例えば、監査基準委員会報告書315「企業及び企業環境の理解を通じた重要な虚偽表示リスクの識別と評価」を学校法人監査に適用する場合の留意点に関するQ&A(学校法人委員会研究報告第23)の「Q1用語の読替え」にあります。

 読替えが必要となる用語及び読替え後の用諾は、それぞれ次のとおりである。

財務諸表→計算書類(又は財産目録)

企業→学校法人

経営者→理事者

監査役若しくは監査役会又は監査委員会

 (監査役等)→監事

取締役会→理事会

従業員→教員・職員

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)◎ 監査 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字