2017年05月17日

【法規】決算理事会の役割分担って何だ??

スケジュールこんにちは!今日は、大学法人の法人事務局のからかの御質問です。

 

<Q>【法規】決算理事会の役割分担って何だ??

 5月に決算理事会をするのですが、法律で最低限必要な役員(理事長、監事)と理事会、評議員会の役割はどうなっているのでしょうか?

 

<A>

 決算については、役員(理事長・監事)、理事会、評議員会の主な役割は次のとおりです。

 

立場

決算についての業務内容

理事長

【決算書作成】(私学法371項)

・理事長は、学校法人を代表し、その業務を総理する。

【評議員会に対する決算等の報告】(同法46)

理事長は、毎会計年度終了後2月以内に決算を評議員会に報告し、その意見を求めなければならない、とされています。

【財産目録等の備付け及び閲覧】(同法47)

1 学校法人は、毎会計年度終了後二月以内に財産目録、貸借対照表、収支計算書及び事業報告書を作成しなければならない。

2 学校法人は、前項の書類及び監事の監査報告書を各事務所に備えて置き、当該学校法人の設置する私立学校に在学する者その他の利害関係人から請求があつた場合には、正当な理由がある場合を除いて、これを閲覧に供しなければならない。

【資産の総額の登記】

決算の結果、資産総額の変更がある場合は、毎事業年度末日から3月以内に、変更の登記をしなければならない(組合等登記令33)

監事

【監事の職務】(私学法3732)

監事の職務は、次のとおりとする。

財産の状況を監査すること。

【監査報告書の作成と報告】

監事は、学校法人の業務又は財産の状況について、毎会計年度終了後2月以内に監査報告書を作成し、理事会及び評議員会に提出すること (私学法3733)

【所轄庁への報告】

監査の結果、この法人の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実があることを発見したときは、これを文部科学大臣(都道府県知事)に報告し、又は理事会及び評議員会に報告すること。(私学法3734)

【所轄庁への報告】

上記の報告をするために必要があるときは、理事長に対して評議員会の招集を請求すること。(私学法3735)

【理事会での意見陳述】

法人の業務又は財産の状況について、理事会に出席して意見を述べること。(私学法3735)

理事会

【決算の検討】

理事会は、学校法人の業務を決し、理事の職務の執行を監督する。(私学法36条2項)

<事務局補足>私学法では、決算理事会の決議を決算確定の条件にはしていません。

 寄附行為や法人内部の上位規程で決算の確定について理事会決議としている例はあります。

評議員会

【意見陳述】(私学法46)

決算及び事業の実績について理事長から報告を受け、意見を述べること。

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字