2017年04月25日

【決算】みなし退職金の会計処理ってどうするの?

退職金こんにちは!今日は、法人の方からのご質問です。

 

<Q>【決算】みなし退職金の会計処理ってどうするの?

 当法人では、いくつかの県に高校を設置しています。各高校では、各都道府県別の退職金団体に加入していますが、県により退職金制度がことなっています。

 ある県では教職員が有る年齢になると(例えば60歳)、定年の65歳前に退職金団体より交付金が支給されます。この場合の会計処理をどうしたら良いでしょうか。

 

<A>

1.まずは所轄庁の指示による

 各都道府県の退職金団体は実質的に各都道府県の外郭団体です。このためでしょうか、退職金団体より定年前に支給される交付金の会計処理については、各都道府県知事の指示(所轄庁の指示)がある場合があります。この場合は、所轄庁の指示に従うことになります。

 

2.指示がない場合の一般的な会計処理

 もし各都道府県より特段の指示がない場合は、退職金団体からの交付金は、「(小科目)みなし退職預り金」として入金を受け、できれば同額を「(小科目)みなし退職預り資産」をする方法が考えられます。高校の修学旅行費預り金の会計処理(委員会報告第24号)に少し似ています。

※その後のイメージ図

貸借対照表

資産

負債・純資産

みなし退職預り資産 ×××

みなし退職預り金 ×××

 

今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)□□ 支出/人件費 | ★ 負債

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字