2017年04月14日

【決算】予備費使用額の書き方は?

予備費の書き方 こんにちは!今日は、専修学校法人の経理の方からのご質問です。

 

<Q>【決算】予備費使用額の書き方は?

 決算書を作っています。予算書で予備費が300万円あるのですが、このうち100万円を教育の委託料支出で使いました。資金収支計算書の予備費欄は、どう書くのですか?

 

<A>

 予備費の書き方は、基準第一号様式の(注)3に書いてあります。

3 予算の欄の予備費の項の(  )内には、予備費の使用額を記載し、(  )外には、未使用額を記載する。予備費の使用額は、該当科目に振り替えて記載し、その振替科目及びその金額を注記する。

 なお、第五号様式(第23条関係)事業活動収支計算書についても(注)3に予備費使用額の記載が求められています。

 

 それでは、今回の御質問を具合的な記載例を形にしますが、字数の関係で金額を小さくしての記載です。

 予備費欄は二段書きになります。

資金収支計算書

科目

予算

決算

差異

教育研究経費支出

 委託料支出

 

 

×××

↑100加算

 

×××

 

××

 

 

 

 

 

[予備費]

(100)

200

 

200

(注記)予備費使用額内訳

  (科目)     (金額)

教育研究経費支出  
 
委託料支出   100 



今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)☆ 計算書類 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字