2017年06月16日

【こども園】いまさらですが保育教諭について

小規模認可保育園こんにちは!今日は、専修学校での御質問です。他校でも折に触れて話題になっています。

 

<Q>いまさらですが保育教諭について

 新しい職種の保育教諭の仕事、資格の取り方、将来性などについて教えてください。

 

<A>

 保育教諭とは、幼保連携型認定こども圏で未就学児の保育と幼児教育を行う仕事です。新しい職種です。

 

<少し説明>

 今日の御質問は、学校会計の法規集では説明できないので、「螢雪時代6月臨時増刊 進路決定 資格・検定・職業ガイド」p351(旺文社2016.5.30)を引用しながら事務局が加筆しての説明をいたします。

 

1.認定こども園制度の誕生

 保育所(一般的には保育園と言います)とは0歳から小学校就学前の保育が必要なこどもを対象にした児童福祉施設です。

 一方、幼稚園は3歳から小学校就学前の子どもに対して幼児教育を行う学校と位置付けられています。

 しかしながら社会構造の変化等から,保護者が働いていても働いていなくても同じ施設を利用したいなど、広い選択枝が求められるようになってきました。また、少子化で子どもの集団が小規模化して施設運営が非効率的になるなど、地域の実情も変化してきました。そこで2006年、保護者の多様なニーズに応える施設として「認定こども園」が誕生しました。

 さらに2015年度、子ども・子育て関連3法に基づく「子ども・子育て新制度」が導入されました。これにより、認定こども園は単一の施設として設置・運営されることになりました。(現在の認定こども園は、0〜2歳の低年齢児の待機児童を解消する対策の意味合いが強いです。)

 認定こども園にはご存じのように4つのタイプがあります。

〕鎮娜狹機能と保育所的機能の両方を併せ持つ「幼保連携型」

認可幼稚園に保育所機能を備えた「幼稚園型」

GР鎚欅藹蠅僕鎮娜犁’修鯣えた「保育所型」

ね鎮娜犁’修畔欅藹蟲’修鯣えた認可外施設「地方裁量型」

 

2.保育教諭とは

(1)保育教諭の仕事は

 保育教諭とは、,陵鎚殤携方認定こども園で未就学児の教育・保育にあたる職員をいい、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方の取得が必要となっています。

 幼保連携型認定こども園に主幹保育教諭、指導保育教諭、主幹養護教諭、等の種類の職員を置くことができることとなり(認定こども園法第14条 法∧欅藏詰,蓮⇒鎮娜爐量筏状と保育士の登録を受けたものでなくてはならないとされています(認定こども園法第15条 法このため、幼稚園教諭免許状と保育士の資格を有する者を「保育教諭」と呼ぶこととなります。

 その他の◆銑い離織ぅ廚稜定こども園でも、満3歳児以上の児童の教育・保育には両免許・資格を持つことが望ましいとされ、満3歳児未満の保育を行うには保育士の資格が求められています。

 なお、国では2019年度までは、どちらか一方のみの免許・資格保持者に対する特例措置が設けて認定こども園への移行を促しています。

 保育教諭は、認定こども園で、園児の年齢や特性、発達の状況に応じた保育や指導によって、義務教育の基礎を培う仕事です。また、子育て家庭の保護者を支援する役割も担っています。大きな可能性を秘めた子どもたちの発達に関わる非常にやりがいのある仕事です。

 

2)受検情報

ー検資格

 幼稚園教諭免許及び保育士資格の両方を取得している者又は取得見込みの者。自治体によって年齢制限があります。

¬笋す腓錣酸

 各自治体・認定こども園に問い合わせます。

 

 蛍雪時代さんありがとうございました。

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)☆ 計算書類 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字