2017年03月30日

【新学校種】義務教育学校って何?

義務教育学校こんにちは!今日は、高校の総務の方からのご質問です。

 

<Q>義務教育学校って何?

 義務教育学校って、どんな学校でしょうか?

 

<A>

 平成284月より開校した新しい学校種で、いわゆる小中一貫校の一つです。学校教育法では、一条学校に入り、第5章の2には義務教育学校(第49条の2−第49条の8)の定めがあります。平成28年度には22校が開校でした。

 

※義務教育学校の概要

項目

内容

設置者

国・公・私立(学校法人)

修業年限

9年(前期課程6年+後期課程3年)

組織・運営

1人の校長、1つの教職員組織

教員免許

原則小学校と中学校の両免許を併有

※当分の間は小学校免許状で前期課程、

 中学校免許状で後期課程の指導が可能

教育課程

・9年間の教育目標の設定

・9年間の系統性・体制計に配慮がなされている教育課程の編成

設置基準

前期課程は小学校設置基準、

後期課程は中学校設置基準を準用

通学距離

概ね6勸米

(この表は、一部文科省の「小中一貫教育の制度化に伴う導入意向調査について」を参考にして事務局が一部加筆しました。)

 

 これからだんだん増えそうな雰囲気の学校種です。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字