2017年03月08日

【高校】広域の通信制高校ってどういう学校?

eラーニングこんにちは!今日は、税理士事務所の方からのご質問です。

 

<Q>広域の通信制高校ってどういう学校?

 新聞に広域の通信制高校が出ていましたが、どういう高校ですか?

 

<A>

 学教法54条第3項では高校の通信制の課程のなかに「広域の通信制の課程」を設置することも認めています。

 ここには2つの通信制高校が出てきます。簡単に言うと生徒募集の範囲が違います。

狭域の通信制

一つ(+近隣の都道府県一つ)の都道府県から生徒を募集する通信制高校。主に公立

広域の通信制

三つ以上の都道府県から生徒を募集する通信制高校(施行令第24条)。主に私立

 現在、新聞を拝見すると広域の通信制高校は、全国に105校あり、約10万人の生徒がいるようです。

 似たような学校にサポート校がありますが、通信制高校は高校ですが、サポート校は高校ではありません。

 代表的な広域通信制の高校には、例えばNHK学園(本部・東京)やクラーク記念国際(本部・北海道)があります。広域通信制の高校は高校ですから卒業すれば、全日制の高校と同じく高校卒業資格を取得できます。

 

 学校会計では、資金収支内訳表で、高等学校の場合、全日制、定時制、通信制の課程を細分して作成することになっています。

 

 今日は、ここまでです。



kaikei123 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)◎ 法人運営 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字