2017年02月28日

【質問特集5】手数料収入について

質問こんにちは!今日は、ある学校会計の研修会での御質問を特集しています。専門学校さんからの御質問です。

 

<Q5>手数料収入について

 手数料収入の入学検定料収入は総額法で会計処理をすると広場の事務局(梶間栄一)の書籍に書いてありました。

本校では、一部入学希望者に入学検定料の減免措置がありますが、授業料などと同じく奨学費で問題ないでしょうか。

 

<A5>

 学校法人会計基準第6条では、「当該会計年度の諸活動に対応するすべての収入及び支出の内容…を明らかにする」という

資金収支計算書の目的の重要性にかんがみ、授業料などの減免の会計処理について総額法を採用しました。

 同じように手数料収入の入学検定料収入は総額法で会計処理することになります。

 具体的には、その学生が奨学生であれば奨学費支出で会計処理します。

 教職員の子弟に対して減免が行われる場合には、給与への追加としての性格を有するものとみられるので、人件費支出とします。

 以上から、資金の収支を伴わないが減免額について、資金収支計算書において入学検定料収入を計上するとともに、その対応勘定として同額の「人件費支出」あるいは「奨学費支出」等が計上されることになります。



kaikei123 at 07:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字